zakky's report

ネタバレ上等ブログ

仕事がうまくいくコミュニケーションの技術


スポンサーリンク

 

なかなかの良書。

基本的にはどこかで聞いたような当たり前のことが多く、ノウハウ習得というよりはノウハウ確認という感じ。薄々は分かっていたことに気づかれた感がする。また、全体的に簡単な言葉で書かれていて会話事例が多いため、分かりやすいし親近感も沸く。

命令権有無と動機レベル高低で4分割した対象別にコミュニケーション法を語る切り口も非常に分かりやすかった。

(「MARC」データベースより)

IT教育コンサルタントが成功・失敗例や図でやさしく説く、SEのためのコミュニケーション術やヒューマンマネジメントテクニック。相手の立場や動機を「4つのエリア」に分けたコミュニケーションテクニックが満載。

 

 

 

全体を通しての一番のメッセージは、人は立場やミッションにより判断基準が違うので、それを利用した提案や説得が重要である、ということ。

それを踏まえると、説得の肝は、①まずは、自分の主張したいことをよく考える。②そして、相手の立場やミッションを考慮し、相手が反対しそうな要素を予め考える。その上で、どのように相手のメリットに変えて説得するのかを煮詰める。という2点に絞られる。

また、プレゼン成功の秘訣も同じ観点から語られており、①顧客ニーズを的確に捉える。②顧客に分かりやすく説明する。という2点が重要と説いている。

最後の方ではリーダー論にまで踏み込んでいて、良いリーダーはメンバーにミッションを正しく認識させ、その後も常に再確認させる。ミッションは個人とチームの両方に与えることが重要だと言っている。この辺は個人的に参考になったと思う。