zakky's report

ネタバレ上等ブログ

 

独白するユニバーサル横メルカトル


スポンサーリンク

 

ついに読んだ。。。グロさ見たさに読んだんだけど、うーん、噂どおりのグロさ。最初の方はそんなでもないかなぁ、なんて思ったけど読み進むとやっぱり凄かった。全部で8本の作品からなる短編集だけど、先に進むほどグロさ倍増という感じ。

(「MARC」データベースより)

凝視せよ。ここにあるのは宝石だ。生理的嫌悪と、終わることのない暴力の果てに、名状しがたい感動が待っている、異形の物語たち。日本推理作家協会賞を受賞した表題作を含め8編を収録した短編集。

 

 

 

一番最後の『怪物のような顔の女と溶けた時計のような頭の男』はグロさも怖さも最高。『卵男(エッグマン)』『すまじき熱帯』もスゴイと思ったが、この『怪物のような~』は別格だった。

普通、拷問っていうと秘密を吐かせるとか何かそういう目的があると思うんだけど、この話で出てくるのは殺すための拷問。残酷すぎる。。。(泣) ここまでやっても人間って死なんのか?と疑問に思ったほど。描写も細かくてリアルなので想像しながら読むのはかなりキツイ。意識して想像しないように読んだ部分もかなりある。

グロさ以外の面白さも一応あった。一番楽しめたのは本のタイトルにもなっている『独白するユニバーサル横メルカトル』。執事調に独白する地図がたまらない。どこか憎めないキャラだ。犯罪に加担しているのは間違いないんだが、それでも憎めない。いや本当にヒドイ話なんだけど。。。

それから絶望系としては『無垢の祈り』。これは絶望的に恵まれない環境の少女の話なんだけど、何とも言えないほどの劣悪環境。乙一作品「ZOO」の『カザリとヨーコ』と似たような絶望感なんだけど、もっとエグい感じ。

あとオチが良かったのは『オペランドの肖像』と『卵男(エッグマン)』。この2本は似たようなオチなんだけど、なんかこういうのは好きかも。ただ、難解な部分もたまにあって、オチとして理解しにくい感じがしないでもないんだけど。。。

まぁ、こんな感じでグロさ以外に楽しみがないわけではないけど、こっち系の話は自分には乙一作品で十分かなぁ、と思った。