zakky's report

ネタバレ上等ブログ

終末のフール


スポンサーリンク

 

 

立て続けに伊坂本を読んだが、過去に読んだ伊坂本(ラッシュライフ重力ピエロオーデュボンの祈り)とはちょっと微妙に雰囲気が違った。仙台を舞台にしていたのは今までと同じだったけど、作品間リンクとかも特になかったような気がする。まぁ、人類滅亡のシナリオなので迂闊にリンクしちゃうとその作品に変な影響が出ちゃうかも。

(「MARC」データベースより)

「8年後に小惑星が落ちてきて地球が滅亡する」と発表されて5年後。秩序崩壊した混乱の中、仙台市北部の団地に住む人々は…。表題作のほか、「太陽のシール」「篭城のビール」など全8編を収めた連作短編集。

 

 

 

小惑星衝突による人類滅亡タイムリミットまであと3年。仙台の住宅地ヒルズタウンに住む登場人物達のそれぞれの余命3年の生活を描く。収録されている8編の短編は、それぞれは非常にあっさりした仕上がりになっているが、ある作品の主人公が別の作品で登場し、全ての作品がどこかでつながっていることで全体の厚みが増している。

ちなみに登場人物はいい人ばかり。押し入り篭城犯2人組も出てきたが、基本的にはいい人だったし。5年前にあと8年で人類が滅亡すると発表された時は暴動や略奪、自殺などの混乱が起きたが、その混乱をひっそりと生き残れる人というのは基本的にこういう人達ばかりなのかな。

収録8編のうち、一番良かったのは「演劇のオール」。役者魂で家族や恋人を演じる主人公の話。こう書くと主人公が冷たいような印象になるが、本当に心を通わせた最高の演技を魅せている。この主人公、ひょうきんというか愛嬌があって、ところどころで笑ってしまう。特に湯船に「ダウト」はかなりウケた。最後は大団円でホロっとさせて終わるのかと思ったら、この主人公が役者を志すきっかけとなった俳優が出てきて、笑えるエンディングになった。この締め方もかなり良かった。

それから、伊坂作品名物の理系ネタ。今回は8編のうちの1つ「天体のヨール」がその役割を引き受けていた。この作品で登場する天文オタクの語り口でいろんな理系ネタが出てくる。例えば、小惑星の衝突は本来8年も前から予測できるものではなく、ちょっとしたことで軌道が変わるとのこと。また、過去に地球に小惑星が衝突した証拠となるような巨大なクレーターが存在し、そこには隕石に多く含まれるイリジウムという物質が見られることなども語られている。あと「手続き記憶」なんてのも出てきた。どんな内容だったっけ。。。忘れた。。。

まぁ、全体としてはかなり面白かったと思うが、個人的には伊坂作品の魅力があまり出ていないなぁ、と思った。