zakky's report

ネタバレ上等ブログ

 

陽気なギャングの日常と襲撃


スポンサーリンク

 

 

伊坂 幸太郎
価格
こんな強盗団なら遭遇してみたい。
他人の嘘が見抜ける男、完璧な体内時計の持ち主、天才スリ師、演説の名人。銀行強盗である4人が、べちゃべちゃとくだらない話をしながらトラブルに巻き込まれていくシリーズの2作目。今回は銀行を襲いつつ、人助...
あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成

 

陽気なギャングが地球を回す」の続編。伊坂作品初の続編モノらしいが、前作同様楽しめた。ちょっと懲りすぎかな?って気がしないでもないが、あまり難解でもなく程よい読後感が味わえた。

(「BOOK」データベースより)

人間嘘発見器成瀬が遭遇した刃物男騒動、演説の達人響野は「幻の女」を探し、正確無比な“体内時計”の持ち主雪子は謎の招待券の真意を追う。そして天才スリの久遠は殴打される中年男に―史上最強の天才強盗4人組が巻き込まれたバラバラな事件。だが、華麗なる銀行襲撃の裏に突如浮上した「社長令嬢誘拐事件」と奇妙な連鎖を始め…。絶品のプロット、会話、伏線が織りなす軽快サスペンス!伊坂ブームの起爆剤にして、映画化で話題の「陽気なギャング」ここに待望の復活。

 

 

 

成瀬、響野、雪子、久遠の4人組ギャング。ギャングといっても、それぞれ普段は堅気の生活を送っている。普通と違うのはそれぞれが特殊なある能力を持っているということくらい。まぁ、かなり特殊な能力なんだが。

前半となる第1章は、4人のそれぞれの日常を綴っている。1章の中が4つの短編に分かれていて、各編が各人の話という構成。それぞれが別々の人助けをしているんだが、まぁそこは伊坂作品、それぞれどこかでつながっているし、後半への伏線にもなっている。

後半となる第2章以降は、4人で銀行強盗を成功させてからの話。前作同様、銀行強盗はスマートに成功させたのに、その後に厄介な話に巻き込まれる。今回の厄介事は、成瀬の部下の恋人で社長令嬢でもある女性が誘拐事件に巻き込まれていて、4人の銀行襲撃現場にも居合わせていたという話。

まぁ、4人の能力を駆使すれば誘拐事件の解決なんてあっという間の筈なんだが、動いてみると事態は複雑な方向に。まず誘拐事件の犯人グループは根っからの悪人ではなく、ドジで間抜けな憎めないキャラ。あまりのダメさ加減に応援したくなるほど。そしてもっと凶悪なグループが動きだし、彼女がそっち凶悪グループに誘拐されてしまう。

最後は前作同様これまでの伏線を見事につなぎ合わせての解決。微妙に前作のような爽快感がなかった気もするが、それでも見事だと思った。最後は予想通り、麻薬取り締まりに厳しい南米の小国が出てきたし。

それにしても4人のチームワークは見事だ。久遠と響野はいつもいがみ合っているように見えるし、雪子もどことなく冷めた感じがするんだが、根っこの部分でみんな信頼感で結ばれている。前作で雪子が我が子を守るために3人を騙し、せっかくの銀行強盗が台無しになってしまったということがあったが、それを責めずに(少しからかっている感じがするけど)みんなで協力して挽回している。こういった信頼感で結ばれたチームをさらに成瀬の強力なリーダーシップによって強固なものにしている。理想的なチームだ。今作でもこの強力なチームワークが発揮されている。

今作で一番残念だったのは響野のくだらなくも、へぇーっと思える雑学ネタが少なかったこと。銀行強盗シーンの響野の演説もイマイチでした。会話自体は前作同様テンポがよくて楽しめたが、内容的には普通の会話ばかり。伊坂作品では雑学ネタ、理系ネタをどうしても重視してしまう。

あ、筆者もあとがきで書いているけど、高木桜子さんの挿絵がよかった。本作品のイメージにしっくりくる感じだ。