読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

zakky's report

ネタバレ上等ブログ

 

フラガール


スポンサーリンク

 



価格
涙無しには観られない
この映画は先日TVでも放送されていたが、その舞台となったのは昭和40年頃での炭鉱町。ここでの生活は全国的にも恐らくはこんな様子だったに違いない。たぶん娯楽と呼べるものも少なかっただろうし、ここでの紀...
あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成

 

常磐ハワイアンセンターの開設秘話。炭鉱で生計を立てていた地域で、炭鉱縮小を機に新たに行楽施設での生計を企ててる施策が浮上。その目玉となるハワイアンダンサー達の涙の育成ストーリー。

やばい。号泣しまくり。号泣ポイントの数では過去最大級。。。スポ根モノが好きな人にオススメです。

(「Oricon」データベースより)

昭和40年、閉山の危機が迫る炭鉱町。まちを救うために炭鉱会社が構想したのが、フラダンスショーを目玉にしたレジャー施設の建設だった。ダンスを教えるため、東京から呼び寄せられた元花形ダンサーは、始めは馬鹿にしていたが、ひたむきな炭鉱の少女たちの熱意に魅せられ、次第に忘れかけていた情熱を思い出し…。李相日監督×松雪泰子主演で贈る愛と勇気のエンターテイメントショー。

 

 

 

昭和40年の炭鉱の町の話。自分が生まれるずいぶん前の話で、100年の歴史を持つ炭鉱の町の話ということもあって、その旧態依然とも思える考え方が正直理解できなかった。でも彼らにとっては祖父の代からの仕事であり、そして仕事とはお国のために命を賭けてやるものだった。

その一方で時代は容赦なく移り変わり、徐々に石炭は衰退していく。掘れば掘るだけ金になった炭鉱の仕事も徐々に減っていき、ついには炭鉱の縮小が決定する。その炭鉱に取って代わる新しい産業、そして新しい雇用として生まれたのが「常磐ハワイアンセンター」だった。

そんな炭鉱村の普通の女性達がハワイアンダンサーに挑戦することになる。頼りは東京から招聘されたカリスマダンサーのまどか(松雪泰子)。最初は乗り気じゃなかったまどかも彼女たちの本気を見て、ついに本格的に指導を始める。自分のためだけでなく、村のためにもがんばっている彼女たちだったが、古い考えの村人たちには理解されずに辛い思いをしながらの練習となる。

それにしてもこの映画、号泣ポイントが多かった。。。

「誘ってくれて、ありがとな」のシーンや、まどかが教え子早苗の父親をぶっ飛ばしに男湯に乗り込むシーン、早苗の引越し、特にまどかがサングラスをあげるシーンは前半の泣きどころ。

それから、笑顔を出せずに叱られた紀美子(蒼井優)が翌朝先生に笑顔で挨拶するシーン、小百合(山崎静代しずちゃん)の父親の炭鉱落盤事故騒動とそれがきっかけとなってまどかが東京に帰ることになったあたりは号泣ポイントの連続。「いい女になったな」も名セリフだ。

そして、紀美子の母親のストーブ集め、まどかを引き止める教え子たち、常磐ハワイアンセンター初日の晴れ舞台と、エンディングに向けて矢継ぎ早に号泣ポイントが切り替わっていく。ここまで多いと見てるほうも大変だが、最後のダンスシーンはとにかく圧巻。紀美子のソロシーンは、それまでの幼いイメージから一転して華麗さと妖艶さが前面に押し出される。まどかのダンスが乗り移ったかのような感じだ。

というわけで、最後はでダンス映画お決まりの圧巻ダンスシーンでエンディングとなるわけだが、ダンス映画好きにはたまらない映画でした。

ちなみにこの映画、実話をベースにしているが、Wikipediaによると、まどか、吉本、紀美子の3人については実在のモデルがいるらしいです。

 

 

価格
私が最近見た映画のうちで最高の映画です。
特に最近多い暴力や猥褻な映画の中にあって、ひときわ愛と不可能も可能にする努力の力を感じた映画でした。藤純子さんや豊川悦司さんの存在感も流石でした。この映画を見ていた間に何度、涙を拭ったか知れません。...
あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成

 

 

サントラ
価格
最近いつも「哀愁のフラガール」漬け
この映画そのものにも泣けましたが音楽がサイコーでした。映画を見た後、すぐにCDを購入したのも久しぶりですが、邦画のサントラを購入したのは初めてかもしれません。それくらい哀愁のあるウクレレの響きに完全...
あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成