読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

zakky's report

ネタバレ上等ブログ

 

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー


スポンサーリンク

 

 

価格
時間と夢
時間とは何か夢とは何か永遠に続く毎日昨日も今日も同じことの繰り返し永遠に続く夢昨日も今日も違う事の繰り返しじつは、無邪気の仕業哲学的で監督個人の本音も交えてておもしろいです。
あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成

 

中学だったか高校だったか、、、まぁそのくらいの時に見てなんか記憶に残っていた作品。時間が遅いとか早いとかって感覚は人それぞれで、時間なんてのはきっちり流れてる方がおかしい、みたいな考え。あれが妙に印象に残っている。確かに時間ってモノの大きさのように目に見えるものじゃないから、感覚が頼りなところがある。時計があるといっても、1秒の大きさは目に見えるものじゃない。今、時が止まっていても、自分自身が一緒に止まっていれば気づかない、って古くからある考えと同じだ。

(「DVD NAVIGATOR」データベースより)

高橋留美子原作のコメディアニメ劇場版が、押井守監修によりハイクオリティ映像で復活。あたるたちは学園祭を前に、泊まり込みで作業を行っているが、何日経っても学園祭の当日は訪れずに学園祭前日が続く。そしてそのことに気付く人は誰もいない…。

 

 

 

あたるやラム、面堂など、友引高校おなじみの面々が学園祭前日の作業に明け暮れている。ところが翌日になってみると、あれれ?また同じ学園祭前日がやってくる。しかもその事実に誰も気づかず、楽しくあわただしく作業を進めている。

あたる達の担任である温泉マークはそんな毎日に疲れきってしまう。保健医のサクラに相談し、静養のため帰宅するが、何と自宅は何年も何十年も経ったかのような荒れっぷり。そして、毎日が同じ学園祭前日であるという異変にいち早く気づいてしまう。サクラも当初は温泉マークの考えをバカらしいと考えるが、徐々にその異変が気になり始める。そして、最初に気づいた温泉マークは姿を消してしまう。。。

サクラはあたる達に事態を説明するが、あたるは持ち前のいい加減さを発揮し、実害がなきゃいいんじゃね?的な態度。ラムも毎日が楽しいから問題ないと。面堂だけが事態の深刻さを受け止め、真相調査に乗り出すことに。

面堂家所有ハリアーで上空から眺めると、なんと巨大な亀の上に友引町だけが切り出されてのっかている状態。しかも消えた温泉マークが巨大な石像と化して、その亀を支えていた。まぁ、それでもあたるやラム達は荒廃しつつある友引町で毎日を楽しく過ごすことに。

そしてサクラや面堂はいろいろな調査の結果、この世界を一番楽しんでいるラムが、この事態に関与している可能性を見出す。そこに張本人の夢邪気が登場。どうやら、あたるや面堂たち、友引高校のみんなといつまでも楽しく暮らしたいという、ラムのささやかな夢を夢邪気が実現したということらしい。

まぁ、その後はなんだかんだのドタバタ騒ぎでこの夢が終わりを遂げることになるんだけど。夢が終わる直前、あたるが遺伝子螺旋のような不思議な世界の中で、それまで何度か劇中に姿を現した白い服の少女と話をする。そして、その少女が実はラムそっくりな女の子で、その子の「責任とってね」のセリフと共に螺旋世界が崩壊し、あたるは落下し始める。この女の子は、ラム自身ではなくラムの娘なのか???よく分からんが、現実世界で責任持ってラムと結婚し、その子を作れ、という感じなんだろうか。最後がよく分からんが、でも最後が一番いいシーンだったりする。

今見てもやっぱり不思議な映画だなぁ、と思った。