zakky's report

ネタバレ上等ブログ

果断―隠蔽捜査2


スポンサーリンク

 

隠蔽捜査』の続編。

前作で長男がヘロインを吸引するという不祥事を起こし、警察庁長官官房総務課長から警視庁大森警察署署長に左遷させられた竜崎。所轄に飛ばされても性格は変わらず、我が道を行くといった感じだ。

難しい判断を迫られても、与えられた情報に基づいて自信を持った決断をすること、すなわち果断の重要性を再認識させられる作品。

前作では感じなかったが、所轄の面々と気持ちが通じた今作は、『踊る大捜査線』シリーズの室井管理官を思い出させる。室井好きにはオススメかも。

前作のレビューはこちら ⇒ 隠蔽捜査 - zakky's report

 

果断―隠蔽捜査〈2〉
果断―隠蔽捜査〈2〉
posted with amazlet at 14.01.19
今野 敏
新潮社
売り上げランキング: 317,599

オンライン書店ビーケーワンより)
警察庁から大森警察署署長に左遷されたキャリアの竜崎伸也。その管内で強盗犯の立てこもり事件が発生。混乱する現場で対立する捜査一課特殊班とSAT。現場で指揮する竜崎の決断は?。「隠蔽捜査」シリーズ第2作。

大森署管内で消費者金融の強盗事件が発生する。緊急配備が敷かれたが、犯人3人のうちの2人が大森署前の警備をすり抜け、別の場所で警視庁捜査員に逮捕されるという大失態を晒す。警視庁第二方面本部の野間崎管理官が面子を潰されたとカンカンになって大森署に乗り込んでくるが、下らないことに時間を費やされたくない竜崎はこれを軽くあしらう。ここ、なかなか痛快だ。

しかし本当の事件はここからだった。犯人グループの最後の1人が拳銃を所持し、大森署管内の小料理屋『磯菊』に立て籠もったのだ。

警視庁刑事部長が大森署の指揮本部に詰め、竜崎が現場正面の前線本部に陣取る完全体制で挑む。犯人は『磯菊』経営者夫妻を人質にし、実弾10発以上を持っているとの情報が入り、ハイジャックやテロ事犯などのスペシャリスト集団SIT(捜査一課特殊班)が現場に駆けつける。さらにしばらくして、今度は突入のスペシャリスト集団SAT(第六機動隊第七中隊)が到着。現場は微妙な空気に。SITもSATもほぼ同じ目的で組織されているが、前者が刑事部所属で情報と交渉力が武器なのに対し、後者は警備部所属で突入と制圧の能力に長けている。

当初SIT下平係長に現場の指揮権を渡し、あくまでも交渉による解決を目指した竜崎だったが、犯人が交渉する意思を全く見せずに膠着状態が続くと伊丹の指示を無視してSATによる突入を決意する。SATは慎重に突入体制を整え、一気に突入し、あっという間に制圧する。犯人射殺という結果は好ましくなかったが、人質を無事に解放したことから警察は安堵に空気に包まれた。

しかしその後に警察を揺るがす新事実が発覚する。何と犯人所持の拳銃には実弾が残っていなかったのだ。つまり悪い見方をすれば、SATは丸腰の犯人を射殺したと取られてしまう。しかも、その事実を東日新聞にすっぱ抜かれてしまった。

確かに事実ではあるが、突入時は犯人が実弾を残していないという情報がなかった上、人質の疲労など多角的に考慮した結果であり、竜崎はその決断に間違いはなかったと自信を持っていた。しかし、警察庁小田切首席監察官の厳しい査問に心が揺らいでしまう。

さらにこれまで竜崎を支えてきた妻の冴子が倒れ、仕事も家庭もうまく立ち回れない不甲斐なさで完全な弱気モードに。

そんな八方塞がりの竜崎を救ったのは、現場捜査官がふと気付いた違和感だった。誰もが見過ごしていた些細なことだったが、これが基点となり、今回の立て篭もり事件の構図がガラッと変わる。これによりそもそも問題視されてきたSATによる犯人射殺自体がなかったことになる。結果竜崎は処分を免れただけでなく、またもや警察を救うこととなった。

前作は竜崎一人が奮闘して警察組織を守った感じだったが、今回は周りに助けられての危機脱出だった。あの堅物竜崎の周囲を見る目がかなり変わってきたのが印象的だ。

一番見方が変わったのは大森署のベテラン刑事戸高だ。彼は前作で大森署を訪ねた竜崎を邪険に扱い、竜崎の信用を完全に失っていた。しかし、今回竜崎の窮地を救ったのは戸高の経験による気付きだった。これをきっかけに竜崎は戸高に対する見方を変えた。

大森署の貝沼副署長も見方が変わった一人だ。竜崎は自分の指示を無表情に淡々とこなす貝沼に対し、自分のやり方に不満を持っているものだと誤解していた。その誤解は最後に解け、竜崎は貝沼から所轄という組織を信頼するよう、そして『所要の措置を取れ。』この言葉だけで現場の人間は動くということを説かれた。

また、家族に対する見方も大きく変わった。妻が倒れたことをきっかけに妻のありがたみを感じ、また、長男邦彦から見せられたDVDで日本アニメの見方が変わったのも印象的。タイトルは出なかったが、明らかに『風の谷のナウシカ』と思われるアニメに勇気を与えられた竜崎は微笑ましい。

あ、最後までダメダメのまま終わった人もいた。野間崎管理官だ。竜崎曰く、小物に立場や権限を与えるとこうなるという見本とのことだ。かなり笑える。

まぁ、とにかくいろんな面で楽しめた。続編出ないかなあ。ぜひシリーズ化してほしい。

 

果断―隠蔽捜査〈2〉 (新潮文庫)
今野 敏
新潮社
売り上げランキング: 2,200
疑心: 隠蔽捜査3 (新潮文庫)
今野 敏
新潮社 (2012-01-28)
売り上げランキング: 1,915