zakky's report

ネタバレ上等ブログ

 

それでもボクはやってない


スポンサーリンク

 

痴漢に疑われた主人公のその後の運命を淡々と追っていくドキュメントタッチストーリー。

うーん、後味悪いなぁ。。。微妙な映画。確かに引き込まれるんだけど、周防監督が何を伝えたいのかが分からない。日本の裁判の怖さを伝えたかったのかなぁ。

本当に痴漢をしていなくても、一度逮捕されてしまえば、無罪の主張は通らない。否認をし続けると起訴され、起訴された場合は99.9%は有罪となるという恐ろしい現実。『十人の真犯人を逃すとも 一人の無辜(むこ)を罰するなかれ』『疑わしきは被告人の利益に』の考え方は真っ向から否定されているように思えた。

そういえばちょっと前に男女で共謀して示談金目当ての痴漢でっち上げをしてたって事件があったのを思い出した。ホント怖くて電車に乗れなくなりそうだ。絶対に間違われないように、巻き込まれないように自己防衛をするしかないのかな。

 

それでもボクはやってない スタンダード・エディション [DVD]
東宝 (2007-08-10)
売り上げランキング: 19,988

 

 

(「Oricon」データベースより)
『Shall we ダンス?』の周防正行監督の11年ぶりとなる作品『それでもボクはやってない』がDVD化!“裁判”をテーマに、通勤電車で痴漢に間違われた青年が、その後1年にわたって裁判で争っていく姿を通じ、日本の刑事裁判制度の問題点を明らかにしていく。加瀬亮、瀬戸朝香、役所広司ほか出演。

 


オープニング。すでに主人公金子徹平(加瀬亮)はすでに逮捕されている。いくらやっていないと主張しても刑事は全く信じない。それどころか、「正直に認めればすぐに釈放。交通違反と一緒だ。略式で罰金払えばすぐに釈放だ。」と脅される始末。

さらに駆けつけた当番弁護士からも「裁判は大変だよ。否認してれば留置場暮らし、半年拘留されていた人も知っている。有罪率99.9%で、裁判で勝てる保証もない。示談で済む痴漢事件で裁判を戦ってもいいことなんか何もない。認めて罰金を払えばそれでおしまいだ。」と言われる。脅されるわけではなく、あくまでも親身に優しく言ってくれるだけにたちが悪い。

ただ、本当にやっていないからこそ、示談で済ました方がいいのでは???と思ってしまう。まさに悪魔の囁きだ。。。

で、結局は否認し続けて起訴されてしまう。いよいよ長い裁判の始まりだ。弁護人には示談を進めた頼りない当番弁護士ではなく、荒川(役所広司)と須藤(瀬戸朝香)の二人がつく。この二人、特に荒川は何かどっしりしていて頼りがいがある。また、担当裁判官も『疑わしきは被告人の利益に』をきちんと採用し、無罪率が高い裁判官だった。裁判中も微妙に弁護側に優しい感じが。金子にとっては有利な展開。これはいけるのか???と思わせる。

何度目かの公判で被害者女子中学生が証人として登場。おどおどしながらも証言をする。しかしその証言内容はあやふやで、刑事が証言内容を示唆しているのが明らかに分かる。この子が間違えなければ金子はこんな目に合わなかったのに、とも思うが、確かに彼女は犯人を間違えたが、その責を彼女に問うことはできないだろう。何と言っても元凶は真犯人なのだから。

と、ここまでは被告人有利な展開。しかしここから風向きが変わる。やや被告人寄りだった裁判官から明らかに検察寄りの裁判官に担当が変わってしまう。ここで検察や警察組織を敵に回してまで無罪判決を強行することは、裁判官にとっても出世に響くという話が出てくる。まさかそんなことと思うが、これが法曹界の現実なのかもしれない。そういえば『そして殺人者は野に放たれる』でも法曹界の腐りっぷりは読んでいたっけ。。。

さてさて、そんな逆風の中でも、事件現場を擬似再現して金子には痴漢ができないことの立証ビデオを撮影したり、一部始終を見ていた証人を見つけ出したりと、無罪への証拠集めを一歩一歩進めていく。

そして、全ての審議が終わりいよいよ判決を待つばかり。やってないんだから無罪に決まっている、という気持ちとは裏腹に心配で夜も眠れなくなる。

そして結果は、、、執行猶予付き懲役3ヶ月の有罪判決。何だこの判決。はっきり言って無罪を勝ち取ってもやるせなさだけが残るストーリーだというのに、有罪ってどういうこと? これ映画としてアリなの???と。 裁判官の事実認定なんて有罪ありきの無茶苦茶な内容。本当にこんな裁判官っているの?ってくらい幼稚な内容だった。

心のどこかで裁判官なら分かってくれると思っていた金子だったが、ここで裁判とは何たるかを理解する。裁判は真実を明らかにする場所ではない。裁判は被告人が有罪であるか無罪であるかを集められた証拠でとりあえず判断する場所に過ぎない、ということを。映画は控訴します、という金子の声で終わる。

うーん、何か金子が悟りを開いて終わってしまった。。。金子が有罪になったことよりも真犯人が裁かれずのうのうと暮らしていることが腹立たしい。というわけで後味の悪さだけが残る微妙な映画でした。。。

あ、そうそう、金子の元カノ役として鈴木蘭々が出てたけど、なかなかキレイなお姉さんになっていてビックリ。何か子供っぽいイメージが強かったんだけど、実はもう30歳になっていたんだ。ビックリ。

 

==== 【2008/4/27追記】
今、日テレの「行列のできる法律相談所」でまさにこの例が出ていたけど、本当にやってないとしたら走って逃げるという選択もあながち間違えではないらしい。北村弁護士が言うには、やってないからと言って駅事務所に行けば、駅員は判断できないから警察に連絡するしかない。警察で否認すれば一定期間拘留されるし、心証も悪くなる。裁判で勝てる可能性も少ないし、その間に会社をクビになる可能性もある。そういうリスクを考えれば、弁護士としてはやっちゃいけないとは思っても、示談にして済ました方がいいというアドバイスをしてしまいたくもなる、と。。。 うーん、かなり切実だ。。。

番組サイトにこの件の情報がありました。

行列の出来る法律相談所

 

 

冤罪File NO.22  [雑誌]
冤罪File NO.22 [雑誌]
posted with amazlet at 15.02.11

宙出版 (2015-01-28)

 

左手の証明―記者が追いかけた痴漢冤罪事件868日の真実 (Nanaブックス)
小澤 実
ナナコーポレートコミュニケーション
売り上げランキング: 646,570