zakky's report

ネタバレ上等ブログ

夜のピクニック


スポンサーリンク

 

★★★☆☆
価格
高校生活。
本屋大賞」を受賞した恩田睦原作を映画化。全校1000名で24時間80キロを歩く「歩行祭」が舞台。ミステリー性よりも、学園ドラマ的に展開。恋愛感情、友情、家族感情…、スローテンポで真面目に話が進む。...
あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成
原作が微妙になじめなかったのに何故か見てしまった。(原作レビューはこちら) 全体を通して原作に忠実過ぎて何かつまらんという印象。映画ならではの表現の仕方、アイデアとかはなかったのかな。後日談エピソードとか欲しかったなぁ。逆に原作を読んでない人には背景やキャラ設定、おまじないの意味とかが分かりにくかったんじゃないかな。どちらをターゲットにしてるのか分からんが、どっちからもダメ出しが出そうな感じ。 あ、多部未華子は相変わらずいい演技するなぁ、と思った。表情というか雰囲気で演技できるタイプだ。今作のようなちょっと複雑な設定の役もしっかりこなしている。

(「Oricon」データベースより) 全校生徒1000人で、24時間かけて80キロを歩く伝統行事「歩行祭」。今年で最後の歩行祭を迎える貴子は、この特別な日に一度も話した事のないクラスメイト・融に話しかけるという賭けをしていた。そんな簡単なことができない、親友にも言えない秘密が2人にはあった。秘密の賭けを胸に秘め、彼女の最後の歩行祭が始まる…。第2回本屋大賞を受賞した恩田陸の小説を映画化!多部未華子石田卓也ほか出演。

とにかく歩行祭一色。歩行祭当日の登校から始まり、歩行祭ゴールと同時に映画が終わる。その途中でいろんな回想シーンが挟み込まれている感じ。道路わきの歩道や田んぼのあぜ道など、とにかく延々と歩き続ける。 途中くだらないシーンも多く、この辺カットして後日談エピソードを入れてくれた方がよかった。夜中に急に元気になる高見とか、重要なサブキャラの演技がひどすぎる。演技が悪いんじゃなく、演出が悪いんだと思うけど。。。あ、マドンナ内堀亮子はウザさ感がいい感じで出ていてよかったかな。 それでも、グッとくるシーンも確かにあった。貴子(多部未華子)が「誕生日おめでとう」と思い切って話しかけ、融(石田卓也)が照れながらも「ありがとう」と応えたシーン。やっぱりこの二人が絡むところはグッとくるなぁ。 最後に杏奈(加藤ローサ)が1年前にかけたという”おまじない”の意味が発覚するのだが、原作を読んでいない人には少し分かりにくかったかも。それが残念。それから「青春するぞ」なんて言っちゃう高校生もいないだろ。。。端から見れば確かに青春なんだけどね。 ・夜のピクニック@映画生活
価格
一瞬の今を大切にしょうと思った…
さすがわ夜ピクニック☆台本まで入れてくれるとは…将来俳優を目指してる自分には何とも言えない素晴らしさ('凵j☆んで、本編はまた、すごく楽しめました。俺ももうすぐ高校生になります。この映画を見て、こん...
あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成
価格
素敵です☆
多部さんと石田くんが出てるということで見てみました。…とても自分に合う素敵な映画でした。どこか切なくて、どこか微笑ましい光景が広がっている…僕は中3で、もうすぐ高校生(受験生こんなのんびりしてていぃ...
あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成