zakky's report

ネタバレ上等ブログ

闇の子供たち


スポンサーリンク

 

 かなり重くて精神的にもキツい内容。

 タイを舞台にした人身売買、幼児売春、臓器売買といった救いようのない闇に閉じ込められた子供達の物語。いや、そこにまつわる大人達の物語か。。。

 まぁ、全てが真実だとは思わないが、ある意味これと同等かそれ以上の悲惨な現実は存在すると思ってる。平和な日本でのほほんと暮らしてきた自分には想像を絶する現実があるところにはあるんだろう。

 先日読んだ石田衣良作品『LAST (ラスト)』収録の『ラストシュート(LAST SHOOT)』を思い出した。

 

 

(シネマトゥデイより) 日本新聞社のバンコク支局駐在の南部(江口洋介)は、東京本社からタイの臓器密売の調査を依頼される。同じころ、恵子(宮崎あおい)はボランティアとしてバンコクの社会福祉センターに到着する。彼女は所長から、最近顔を見せなくなったスラム街出身の少女の話を聞くが、実は彼女は父親に児童性愛者相手の売春宿に売り飛ばされており……。

 

 日本新聞社タイ在住記者の南部浩行(江口洋介)がタイで行われているという子供の心臓移植手術を取材するところから話が動き出す。

 元仲介者から金で入手した情報によれば、売春宿に売られた子供達の中から元気な子供を売り、生きたまま麻酔をかけて心臓を取り出すという恐ろしい事が横行しているらしい。。。怖え、、、 医学的な事は詳しくないが、人間は心臓がないと生きていけないのは確かなので、心臓を提供する子供が死ぬってことは間違いない。

 え、えーっと、つまり、、、裕福な国の病気の子供を救うために、貧しい国の健康な子供が死ぬ、いや殺されるという構図だな。さらにその一連の構図から闇ブローカーが儲けているってことだ。

 そんな悲惨な取材を敢行する南部だが、過去に取材した児童ボランティア施設に情報を求めたことで事態はあらぬ方向へと展開する。

 というのも、このボランティア施設にNGOメンバーとしてやってきたばかりの音羽恵子(宮崎あおい)というお譲ちゃんが、南部の話を聞いて後先考えず突っ走り始めたからだ。何か鼻息荒く自分の信念を押し出してるけど、完全な空回り。現実が見えてないというか、現実を知らなさすぎるというか。。。自分の行動の結果、事態が悪化するかもしれない、そしてそれが致命的な失敗になるかもしれないということを想像できないのだろうか? 心臓移植を受ける側の日本人家族の取材で、南部、清水(豊原功補)に同行した時は、相手の気持ちも考えずにただただ自己主張だけして取材を台無しにするし、エイズを発症したためにゴミとして捨てられたアランヤーという少女を助けた時なんて、まだ捨てたヤツが近くにいるのに大声出して収集トラックに飛び出すアホっぷり。居眠り運転手を叩き起こしてトラック追えよ!結局救出に成功したからいいものを。。。

 目の前の事しか見えず、自己満足にふけるオナニー野郎。あ、女だから野郎は変だが、、、久々に「活動的な馬鹿より恐ろしいものはない」というゲーテの名言を思い出した。

 と、かなりヒドいことを書いたけど、別に宮崎あおいさんが嫌いなワケじゃないです。この役の女性が嫌いなだけです。念のため。

 さてさて問題の心臓移植手術ですが、結局行われてしまう。。。

 心臓病の日本人の男の子のために、健康なタイの少女が生贄にされたワケだ。病院にやってきた女の子は何も知らされてないけど、何やら綺麗な洋服を着せられて、普通じゃない雰囲気は感じとっていたようだ。生きたまま麻酔をかけて心臓を取り出されるとどうなるんだろう。麻酔が切れる前に失血死するのか? 痛みは感じずに死ねるんだろうか。。。

 で、えーっと、最後は何かよく分からん終わり方だった。このテーマで救いのあるエンディングは期待してなかったけど、えぇぇ!?って終わり方は必要ないなぁ。

 実は南部は幼児性愛で、かつて自身も幼児買春の経験があったみたいだ。で、恵子が投げ掛けた言葉でその時の記憶が鮮明に呼び起こされ雄叫びと共に崩れる。。。って、何故に雄叫び??? よく分からん。しかも、結局南部は死んだのか? 何か清水と南部が雇ったカメラマンの与田(妻夫木聡)が最後に南部の部屋を整理してたように見えたが。。。

 いろいろ悩まなきゃいけないところがあるんだから、こんなどうでもいいところで悩ますなよ〜!と思った。

 

 

闇の子供たち (幻冬舎文庫)
梁 石日
幻冬舎
売り上げランキング: 23,398
闇の子供たち
闇の子供たち
posted with amazlet at 13.12.14
梁 石日
解放出版社
売り上げランキング: 700,000