zakky's report

ネタバレ上等ブログ

舞妓 Haaaan!!!


スポンサーリンク

 

舞妓マニアのサクセスストーリーといったところか。

キサラギ』DVDに入っていた予告編で面白そうだなと思って、さっそく鑑賞してみた。あ、これってクドカン映画だったのね。もちろんすごく面白かった。

鴨川ホルモー』に引き続いて京都を堪能できたけど、ちょっと京都モノにしてはクドすぎかな〜。とにかく主人公を演じる阿部サダヲのテンションが異常すぎる。

 

舞妓Haaaan!!! [Blu-ray]
舞妓Haaaan!!! [Blu-ray]
posted with amazlet at 16.02.11
VAP,INC(VAP)(D) (2009-10-21)
売り上げランキング: 94,479
(「Oricon」データベースより) 修学旅行で訪れた京都で舞妓と出会って以来、舞妓の熱狂的なファンとなった鬼塚公彦。“舞妓はんと野球拳!”を夢見る公彦は念願の京都支社への転勤が決まり、恋人の富士子を捨て、意気揚々と京都入りするが…。阿部サダヲ×堤真一×柴咲コウ出演、宮藤官九郎脚本で贈る舞妓をテーマにした前人未到のエンターテイメント!

 カップラーメン製造販売会社に勤める鬼塚公彦(阿部サダヲ)は、高校の修学旅行で立ち寄った京都夢川町で舞妓さんと出会ったことがきっかけで、”夢川町で舞妓さんと野球拳をやる”というどうでもいい夢を持つようになる。ちなみに夢川町ってのは架空の花街。

 とはいえ東京勤務の一介のサラリーマンにはお茶屋遊びなんてできるワケがなく舞妓ファンサイトを運営して喜んでいた。

 そんな鬼塚に転機が訪れる。念願の京都支社(通称「かやく工場」)勤務となり、恋人の大沢富士子(柴咲コウ)に一方的に別れを告げて意気揚々と京都に赴任する。この富士子がまた健気で一途でなかなかの甘えんぼキャラ。ちょっと柴咲には合わない気がするが。。。このギャップがいいとも言えるが。。。

 で、京都にやってきた鬼塚はさっそく夢を実現すべく野球拳をするためにお茶屋へと向かう。ところがそうは問屋が卸さない。お茶屋遊びは一見さんお断りだったのだ。

 そこに強力な助っ人が現れる。お茶屋遊びのスペシャリスト鈴木社長(伊東四朗)だ。社長は鬼塚に仕事で結果を出せばお茶屋に連れてってやると約束する。

 舞妓にかける情熱が実り、具を別売りにする新発想のカップラーメン「あんさんのラーメン」で結果を出した鬼塚。しかし今度は無理がたたって入院してしまう。あ、この「あんさんのラーメン」は、なんと日清食品から発売されていたりする。もちろん具は別売りだ。詳しくはコチラ。 でも今は売ってないかもw

 そんな矢先、富士子が京都へとやってくる。富士子は鬼塚に好かれようと舞妓になるべく修行を始める。一途過ぎる。。。なんという萌えキャラなんだ。。。

 そんなこととは露知らず鬼塚は退院して今度こそ念願のお茶屋遊びを実現する。ところがところがここで強敵が現れる。プロ野球選手の内藤紀一郎(堤真一)だ。ここから鬼塚と内藤の壮大な意地の張り合いがスタート。プロ野球選手、映画俳優、格闘家、ラーメン屋経営者、政治家と職業をコロコロと変える内藤を追うように鬼塚も職を変える。つーかもうメチャクチャwww

 それにしても堤真一はいいな〜。こういう役もなかなか面白い。あれれ? よく考えると柴咲コウと『着信アリ』コンビじゃんか。『着信アリ』はつい先日観たばかりなのですごい既視感だわ。あ、このコンビのショートホープネタにはマジウケたw さてさて話は一気に進むが、鬼塚のために舞妓を目指していた富士子は、姉舞妓の駒子(小出早織)から字をもらい駒富士として舞妓デビューを果たしていた。そうとも知らずに駒子のパトロンを目指していた鬼塚。

 そして、、、ある日、鬼塚の座敷に駒子の代役として駒富士がやってくる。駒富士の正体が分からずに富士子の思い出話をする鬼塚。駒富士の目からは涙が。。。ここで富士子が泣きながらも駒子のために身を引く決意をしたところはちょっとホロリと。柴咲の演技が見事だった。

 まあ後は予想通りの展開に。笑いアリ、涙アリで予想以上に楽しめたけど、やっぱり2時間ずっとこのテンションはキツかった。

 

 

京都の流儀 (翼の王国books)
徳力 龍之介
木楽舎
売り上げランキング: 128,365