読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

zakky's report

ネタバレ上等ブログ

 

ビート―警視庁強行犯係・樋口顕

小説-今野敏

スポンサーリンク

 

今野敏の「警視庁強行犯係・樋口顕」シリーズ、第三弾。

一応これが三部作の完結編らしい。 前作に続いて家族愛をテーマにしているが、前作以上の感動作に仕上がっている。前作では樋口家の夫婦愛が作品テーマになっていたが、今回は樋口の同僚、島崎の親子愛に焦点が当てられている。

冒頭1/3くらいまでは島崎に関する話ばかりで樋口が全く出て来ないため、樋口シリーズだということをすっかり忘れてしまった。

ま、三部作の中では間違いなく一番の傑作かと。樋口も前2作で感じたような嫌味さがすっかり消えていたのが良かった。それにこれまでのように樋口自身が暴走するんじゃなく、同僚の暴走を樋口が助けるといった流れも良かったのかも。

 

ビート―警視庁強行犯係・樋口顕 (新潮文庫)
今野 敏
新潮社
売り上げランキング: 140,958

(背表紙より) 警視庁捜査二課・島崎洋平は震えていた。自分と長男を脅していた銀行員の富岡を殺したのは、次男の英次ではないか、という疑惑を抱いたからだ。ダンスに熱中し、家族と折り合いの悪い息子ではあったが、富岡と接触していたのは事実だ。捜査本部で共にこの事件を追っていた樋口顕は、やがて島崎の覗く深淵に気付く。捜査官と家庭人の狭間で苦悩する男たちを描いた、本格警察小説。

 

 警視庁捜査二課の島崎警部補は内偵先である日和銀行の行員で大学柔道の後輩でもある富岡にはめられ、ガサ入れに関する捜査情報を漏らしてしまう。富岡は島崎の長男が大学柔道の後輩であることを利用して島崎をはめた。その卑怯な手口に憤慨しながらも、期待をかけてきた長男を庇うためにガサ入れ情報を提供してしまった島崎。その結果、日和銀行のガサ入れは失敗に終わる。

 時間をかけた内偵が自分のせいで台無しになり、罪の意識に苛まれる島崎だったが、そんな矢先に富岡が他殺体で発見される。後輩の不幸な死ではあるが、自分の弱みを握る富岡の死は、それ以上に自分と長男に安堵をもたらす出来事となった。

 しかし、この事件の捜査次第では、島崎が捜査情報を流したことが明るみに出るかもしれないという不安を感じた島崎は、捜査一課の捜査本部に応援要員に志願する。こうして話は樋口のいる捜査一課へと流れてくる。この辺の展開は上手い。

 で、程なくして立ち上がった捜査本部では、樋口と島崎が予備班としてペアを組むことに。ちなみ予備班ってのは、通常の捜査には出回らず、特命的な捜査をしたりして、それなりに重要な役割だ。

 手掛かりとなる人物は二人。事件当夜に富岡の自宅にいたとされる女性と事件の数日前に富岡と揉め事を起こしたとされる茶髪の若者。

 捜査を進めていくに従い、島崎はある不安を抱くようになる。それは茶髪の若者ってのが次男の英次ではないかということだ。英次は高校を中退し、家族との関係を絶っており、島崎ともしばらく口をきいていない。富岡殺害の動機は分からないが、様々な状況から英次の犯行を確信した島崎は、英次との心中を決意した。ちょっと気が早すぎる。さすが体育会系だ。

 一方、樋口ら捜査本部はというと、もう一人の重要人物である富岡宅にいた女性から重大な証言を得ることに成功。どうやら富岡の上司根岸による犯行のようだ。

 ここで樋口は島崎のこれまでの言動から、島崎と英次の危険を察知し、二人を追うことに。事件の現場となった富岡宅に駆け込むと危機一髪、島崎が英次に銃口を向けているところだった。もう、ほんとに体育会系ってのは。。。

 樋口から真相を聞き、極限の精神状態から解放された島崎はその場で泣き崩れる。厳格だった父の本物の涙に心打たれたのか、英次はこの日を境に島崎と話をするようになる。この辺りはダンスの話なんかも絡めたりして、なかなか感動的に仕上がっている。

 エンディングは微笑ましいエピソードのオンパレード。島崎と英次の和解、タエが英次をニューヨークに誘うところ、樋口が娘照美の夜遊びに付き添うところ、などなど。

 でも、何か島崎の暴走が全くお咎めなしってのもスゴイ話だ。この辺は安っぽいドラマ仕立てだな。それから、氏家の登場の仕方も納得できなかった。何か無理やり出したって感じで、あれなら出なくてよかったかなぁ、と。

 このシリーズもこれで終わりなのか。。。樋口だけでも『隠蔽捜査』シリーズに特別出演してくれないかなぁ。。。あ、でも竜崎と樋口が関わったら何か重苦しい感じがするな。ミスマッチかな。