zakky's report

ネタバレ上等ブログ

 

夜の桃


スポンサーリンク

 

久しぶりの石田衣良作品。というか、早く『非正規レジスタンス―池袋ウエストゲートパーク〈8〉』が読みたいんだが、、、 仕事も遊びも絶好調の中年男性が運命の女性と出会い、破滅への道を辿っていくストーリー。んー、ちょっと期待はずれでした。石田衣良特有のリアルさが微塵も感じられず、何か普通の中年恋愛破滅ストーリーに成り下がっていた感じ。

 『失楽園』とか好きな人はいいのかも。。。

夜の桃 (新潮文庫)
夜の桃 (新潮文庫)
posted with amazlet at 13.12.08
石田 衣良
新潮社
売り上げランキング: 118,247

内容(「BOOK」データベースより) 辞書の中から立ち現われた謎の男。魚が好きで苦労人、女に厳しく、金はない―。「新解さん」とは、はたして何者か?三省堂「新明解国語辞典」の不思議な世界に踏み込んで、抱腹絶倒。でもちょっと真面目な言葉のジャングル探検記。紙をめぐる高邁深遠かつ不要不急の考察「紙がみの消息」を併録。

主人公の奥山雅人は40代半ば、ネット広告プロダクション会社デジタルマウンテンの社長。広告賞受賞をきっかけに時代の寵児へと駆け上がり、業界内では彼の動向が話題となるほど。神宮前に4億円の豪邸を持ち、気の合う友人達との共同経営で六本木裏通りにバーを持つ。さらには中年不倫推奨雑誌の取材まで受けるという充実ぶり。

 女性関係も派手だ。美人妻比沙子とは子供に恵まれなかったが、結婚して10年以上経つのに変わりなく愛し合っている。一方、フェロモン出しまくりの藤崎麻衣香とは愛人関係を長年続けており、まぁ、普通にやりまくっている。。。愛人とした後に妻とのダブルヘッダーなんて、、、 とまぁ、こんな調子なのでさすがに主人公に感情移入できんし、したいとも思わず、その後の読書がなかなか進まず、、、 思えば、妻の比沙子と愛人麻衣香だけなら、とりあえずはうまくやっていけたはず。少なくとも麻衣香は比沙子から雅人を奪おうとはしてないし、むしろ愛人でいるのが希望だった。まぁ、そんな関係が長く続くとは思えんが、、、 でも、そんな仕事もプライベートも絶好調な雅人が、自分の会社に契約社員としてやってきた無垢な女性、千映との出会いをきっかけに身を滅ぼしていく。何かよく分からんが、ちょっと触っただけでもキュピーンってイってしまうほど、セックスの相性がいいんだとか。うーん、、、やっぱよく分からん。

 んで、やりまくって、奥さんとも別れて、愛人とも別れて、最後には千映とも別れ、、、誰もいなくなる。

 仕事は何とか失わずに済んだみたいだけど、最後、また別の女と知り合って無限ループ地獄に陥ってるみたいなんで、仕事を失うのも時間の問題かと、、、 結局誰も幸せになれず、みんな不幸に。。。うーん、精神衛生上あまりよくないストーリーだったなぁ。個人的には愛人麻衣香がカワイそうだった。

失楽園〈上〉 (角川文庫)
渡辺 淳一
角川書店
売り上げランキング: 59,864
失楽園〈下〉 (角川文庫)
渡辺 淳一
角川書店
売り上げランキング: 49,844
失楽園 [DVD]
失楽園 [DVD]
posted with amazlet at 13.12.08
パイオニアLDC (2000-11-23)
売り上げランキング: 17,352