zakky's report

ネタバレ上等ブログ

Sweet Rain 死神の精度


スポンサーリンク

 

伊坂幸太郎死神の精度』の映画化作品。原作の雰囲気をうまく映画化できていると思った。

特に金城武の死神役は絶妙。”ミュージック”をこよなく愛し、「君は死ぬことについてどう思う?」と問いかける天然でとぼけた死神をうまく演じている。

対するヒロインの小西真奈美もなかなかよかった。薄幸の女性という微妙な役を見事に表現していた。そういえば彼女、最近見かけない気が。。。 彼女の公式サイトhttp://www.konishimanami.net/によると『猿ロック THE MOVIE』http://saru-movie.jp/に出演するらしいが、その後の活動が見えない。。。

原作のレビュー 死神の精度 - zakky's report (試験中)


(シネマトゥデイより)
死神の千葉(金城武)の仕事は、不慮の事故で亡くなる予定の人物のところに7日前に現れ、その人を1週間観察し、その生死を判断すること。雨男の彼はその日も雨の中、7日後に死を迎えるはずの27歳の会社員一恵(小西真奈美)が現れるのを待っていた。やがてメーカーの苦情係として働き、疲れ果てて仕事を終えた彼女が姿を見せ……。

本作品は短編三部から構成され、各部は時間的に10年以上の隔たりがある。一見すると死神の千葉を中心とした単独のエピソード、単なるオムニバス映画のように見えるのだが、そこは伊坂作品、それぞれのストーリーが絶妙にリンクしており、最後はちょっと不思議でハッピーなエンディングを迎える。

第一部は薄幸の女性、藤木(小西真奈美)が死の対象となる。死神の千葉(金城武)は死の対象者を7日間観察し、その対象が死に相応しいかどうかを判定する役割。パートナー(?)のなんか偉そうなイヌによると、千葉は基本的には死しか選ばないらしい。例によって死を選択するために対象の藤木に近づく千葉だが、彼女との会話が上手くかみ合わない。ナンパを難破、醜いを見難いと取り違えた会話は千葉が真剣なだけに微笑ましい。最後は不幸を絵に書いたような地味な女性が大物音楽プロデューサーの大町(吹越満)に認められる。千葉は自らの判断で彼女を生かすことに決める。

第二部はヤクザの抗争の話。任侠ヤクザの藤田(光石研)とその舎弟阿久津(石田卓也)の師弟愛ストーリー。今回の死の対象は藤田。組の上層部から裏切られ、それでもメンツのために負けると分かっている勝負に挑む藤田。それを必死に止めようとした阿久津が敵に捕まってしまう。阿久津救出に向かう藤田。てっきり銃撃戦で死んでしまうのかと思いきや、なんと敵も全員、別の死神の死の対象だったらしく、藤田は奇跡的に生き延びる。が、しかし、その後交通事故であえなく死亡。千葉は藤田が目的を果たしたということで死を選んだようだ。

この第二部ではCDショップで千葉が”ミュージック”を堪能するシーンで、第一部の藤木が歌姫として成功し、すでに引退していることが分かる。さらに阿久津が藤木の息子で、藤木が息子を捨てたと思わせる話も出てくる。

そして第三部。死の対象は老婆となった藤木(富司純子)だ。一瞬原作と同じと思ってしまったが、原作は藤木ではなく、また別の女性だったはず。だが、こちらも原作同様、なかなかいいストーリー展開だったと思う。藤木は当然千葉のことを覚えていたのだろう。藤木は千葉に自分のやっている美容室に7歳の男の子をたくさん呼んで欲しいと依頼する。依頼通り、たくさんの男の子がやってきた美容室。そして、その中には藤木の孫(阿久津の息子)が混じっていた。ここでこれまでの全ての話がひとつにまとまる。

藤木は両親や恋人、そして夫と、自分が愛した人をことごとく亡くし、息子の阿久津を捨てたのだった。そんな中、阿久津から自分はいいからせめて孫にはあって欲しいと言われ、孫だけが美容室にやってくることになっていたのだが、やはり孫であると分かれば愛情が出てしまう。自分が愛情を持ってしまえば、孫も死の危険に晒されるかもしれない。そう考えた、藤木は千葉に同年代の男の子をたくさん集めさせることで、どの子が孫なのかを分からなくして、この問題を解決しようとしたのだった。

結局は千葉のとぼけた仕掛け(料金無料でさらに来てくれたらトレーディングカードをあげる約束をしていたが、孫だけはその条件を知らずに料金を払おうとした)のおかげで、どの子が孫なのか分かってしまったのだが、その後は奇跡の展開。千葉は初めて青空を見ることになる。

藤木は自分の周囲に死が多すぎることに気づき、息子とも離れ、できる限り人との接触を避けて暮らしていた。それが汎用型家事手伝いロボットの竹子(奥田恵梨華)の存在からも窺い知ることができ、そういった部分からもラストの奇跡にも深い意味がこめられていることに気づく。

あ、竹子役の奥田恵梨華さんってどこかで見たことあると思ったら、サラリーマンNEO http://www.nhk.or.jp/neo/ に出てる女優さんでした。

奥田恵梨華さんの公式ブログ→オクダエリカ大作戦 Season3 - 奥田 恵梨華 オフィシャルブログ
すごい美人なんだけど、かなり弾けた人みたいです。


死神の精度 (文春文庫)
文藝春秋 (2012-09-20)
売り上げランキング: 169