zakky's report

ネタバレ上等ブログ

 

ラスベガスをぶっつぶせ


スポンサーリンク

 

MIT(マサチューセッツ工科大学)の天才学生らによる実在のカジノ襲撃作戦が題材となった映画。襲撃といっても強奪ではなく、頭脳によるスマートな作戦。でも、あれは合法なのか違法なのか、正直よく分からなかった。

実話が元ネタということもありいろいろグレーな感じが残ったが、ストーリー展開はテンポがよく、成功と失敗そして逆襲という痛快黄金パターンでそれなりに楽しめた。


(「シネマトゥデイ」より)
マサチューセッツ工科大学の学生ベン(ジム・スタージェス)はある日、並外れた数学的資質を教授(ケヴィン・スペイシー)に見込まれ、ブラックジャックの必勝法を編み出した天才学生チームに誘われる。チームに参加した彼は仲間たちと日夜トレーニングを重ね、卓越した頭脳とチームワークを駆使してラスベガス攻略に挑む。

MITで優秀な成績を納め、ハーバード医科大学にも合格した天才学生ベン(ジム・スタージェス)。 順風満帆に見えたベンだが、彼にも如何ともし難い問題があった。それはお金。ハーバード医科大学に通うためには学費30万ドルを工面する必要があるとのこと。30万ドルってサラッと言ってるが、日本円にしてざっと3000万円以上のお金だからね。。。 母一人子一人で育った勤労学生のベンが狙っていたのは超難関の奨学金だった。

そんなある日、数学教授ミッキー・ローザ(ケヴィン・スペイシー )の主宰する怪しげな活動に勧誘される。このミッキーに見出されたきっかけとなったモンティ・ホール問題は理系にはたまらないネタ。

さて、ミッキー率いるチームが何をやっているのか? それはカジノのブラックジャックにて、カウンティングという技を駆使して荒稼ぎするという活動だ。このカウンティングというのは、場に出てきたカード1枚1枚の種類によってポイントを上下カウントしていき、ある特定のポイントになったら残りのカードにいいカードが多く残っていると判断する技。いいカードが残っているのであれば、ディーラーもプレイヤーも同等の勝率となり、有利でもないんじゃ?と思ったけど、そうでもないらしく、いいカードが残ればプレイヤー側に有利になるんだとか。

このカウンティングは個人でやっても賭け方が不自然となり見破られてしまう。そこでミッキーが考案したのがチームプレイによるカウンティングだ。まずチームの誰かが勝ち負けは関係なくひたすらカウンティング。その場がいい状態になったらチームの稼ぎ役に合図を送り呼び寄せ、現在のポイントを暗号を使って伝えるという技だ。暗号といっても、数字を言葉に置き換えて、その言葉を会話の中に織り交ぜるという微妙な方法だ。

このミッキーのチームには、お色気隊員的存在のジル(ケイト・ボスワース)の他、キアナ、チョイ、フィッシャーらが所属しており、当初は加入を躊躇っていたベンもジルに惹かれて加入することに。ベンは天才的頭脳の持ち主だけど、大学内では冴えない学生の一人で、これまた冴えない学生仲間とせっせとロボット制作に取り組むオタクな学生であり、大学内のアイドル的存在のジルに誘われたが最後、断れなかったようだ。

そうこうしてるうちにラスベガスでの実戦開始。最初は調子よかったチーム活動だったが、ベンが加入するまでエースだったフィッシャーがベンへの嫉妬でご乱心。ミッキーからのクビ宣告。このミッキーがこれまた非常に冷徹だ。これまでチームにどんなに貢献していても、たった一度のミスでクビにしてしまう非情さ。まぁ、ミスといっても難しいことをしくじったのではなく、自分をしっかり持ってさえいればミスしないようなレベルのことなので自業自得か。。。

フィッシャーが抜けた後も残ったメンバーで好成績を収めていくミッキーチーム。ところがラスベガスのカジノ側も黙っちゃいない。コール(ローレンス・フィッシュバーン)という超強面のカジノ監視員が登場。このオッサン、見た目がマジ怖。本物見たらチビりそうだ。

そして、とうとう監視員コールが牙を剥く。失敗したベンはいつもならチームメンバーの即撤収サインで撤退するのだが、アツくなったベンはバクチに走ってしまい大損。ミッキーの厳格冷徹な性格はフィッシャー騒動で知っていたはずなのに同じミスをしてしまう。そして予想通り、ミッキーからクビ宣告。さらにタンス預金もふんだくられ、約束されていた他教授への口添えもなくなり、単位不足で卒業まで危うい状況に。まぁ、タンス預金は正直バカ過ぎかと。あんな大金を1箇所に、しかもあんなところに、、、 天才なのにそういうところは抜けているのね。。。

全てを失ったベンに唯一残されたのが友情だった。一度は裏切ったオタク仲間の友人らの協力を得て、ベンは復讐を企てる。ここから先は天才的頭脳が結集した痛快な復讐劇。ミッキーにも協力を仰いでカジノに連れ出すが、実はミッキーをカジノ監視員のコールに差し出すための巧妙な騙しだった。この後、二転三転して儲けた金をコールに奪われたベンだが、その隙に例のオタク仲間らがカウンティングでぼろ儲けしており、何とか失ったものを取り返した形に落ち着く。

気になったのはカジノの警備に捕まったミッキーがどうなったのか? なんか国税局がどうのこうのって言われてたが、国税局に引き渡されるとマズイのか? 結局彼らの行為が違法なのか合法なのかが最後まで分からんかった。。。

■参考サイト
モンティ・ホール問題 - Wikipedia
直感では騙される数学問題 - おれブログ
ラスベガス大全 カジノ徹底解説


ラス・ヴェガスをブッつぶせ!
ベン・メズリック
アスペクト
売り上げランキング: 303,768

カードカウンティング入門 (カジノブックシリーズ)
オラフ・ヴァンクラ博士 ケン・フクス
パンローリング
売り上げランキング: 81,285

熔ける 大王製紙前会長 井川意高の懺悔録
井川 意高
双葉社
売り上げランキング: 22