zakky's report

ネタバレ上等ブログ

あるキング


スポンサーリンク

 

お気に入り作家、伊坂幸太郎の作品なんだけど、。これがまたなんとも形容し難い、面白いのか面白くないのかも判断がつきにくい、よく分からない作品だった。

超天才野球選手、山田王求(おうく)の伝記形式ストーリー。

どれくらい超天才なのかというと、投手が投げた球がストライクなのかボールなのかを瞬時に見分け、ストライクの球はおほとんどホームランにしてしまうくらいで、プロ野球界でも規格外、あり得ないくらいの天才スラッガーといったところ。

伝記形式ってことで、一応、彼が生まれてから死ぬまでのストーリーとなっている。

この「王求」名前だけどって横書きだと「球」って字に見えるんだけど、書籍は縦書きなのが残念。どうでもいいけど。


あるキング (徳間文庫)
伊坂 幸太郎
徳間書店 (2012-08-03)
売り上げランキング: 90,361


(「BOOK」データベースより)
弱小地方球団・仙醍キングスの熱烈なファンである両親のもとに生まれた山田王求。“王が求め、王に求められる”ようにと名づけられた一人の少年は、仙醍キングスに入団してチームを優勝に導く運命を背負い、野球選手になるべく育てられる。期待以上に王求の才能が飛び抜けていると知った両親は、さらに異常ともいえる情熱を彼にそそぐ。すべては「王」になるために―。人気作家の新たなるファンタジーワールド。

超天才野球選手、山田王求の生涯を綴ったストーリー。幼少の頃より天才的なバッティングセンスを持ち、プロ野球界でも別次元の活躍をした王求。

王求の両親はこれまたすごい野球バカで、地元プロ野球チームの仙醍キングスを熱心に応援し、東郷ジャイアンツをとにかく憎む。ちなみにこの仙醍キングス、とにかく弱くて、なんか勝ち負けを超越した存在になっているという、プロとは思えない存在だ。

その野球バカの両親が、王求が生まれてからは王求の野球に夢中になる。とにかく来る日も来る日も王求の野球の練習に付き添い、少年野球でも突出した存在となった王求が敬遠されるようになると相手チームの監督にお金を渡して勝負するように依頼したり、、、その方向性はすごいものがあった。

王求の小学校時代の同級生と王求の母親の会話が印象的だ。

同級生「山田君はやっぱりプロ野球選手を目指しているんですか」

王求母「ひまわりの種に、ひまわりを目指しているんですかって質問する?」

同級生「どういうことですか」

王求母「ひまわりになっちゃうのよ。絶対に」

もうとにかく終始そんな感じで、父親に至っては王求に付きまとう不良を殺してしまって懲役まで食らっている。

そんな甲斐もあって、紆余曲折ではあったが王求は両親の希望通り仙醍キングスに入団するのだが、、、

打率4割で偉業といわれるプロ野球界において、もし打率8割のバッターが突然現れたら? そんな状況が垣間見ることができた。実際にはあり得ないけど、こんな感じで扱いに困るんだろうなぁ。基準や根底が変わってしまうわけだし。例外として除外しないと全体的におかしくなってしまうんだろう。

さらに王求は前述のとおり殺人犯の息子ということもあり、球界から疎まれる存在となっていく。その王求を認めない筆頭がなんと仙醍キングスの駒込監督。駒込からいろいろな謀略、嫌がらせを受けるわけだが、王求は決して屈しない。そして、それは突然起こった。なんと試合中に王求は駒込の指示を受けた打撃コーチに刺されてしまう。

そして、死亡。。。 ってなんちゅう話だ。こんなオチってありか?

それに分からないことが多すぎる。伊坂作品じゃなきゃただの電波作品になっちゃいそうだ。途中読み込ませるテクニックは流石だが、とにかくオチがダメすぎる。あの黒装束の三人組の女性の正体は一体なんだったんだろう? 彼女らが発した「バーナムの森が動くようなことがないかぎり、王になるだろう」の”バーナム”って何? シェイクスピアがところどころで引用されてたけど、その関係かな?

あと、刑務所にいる王求父の「がんばれー」もちょっと引いた。元気玉かと思った。

この作品、読み始めたときはやっぱり伊坂作品はハズレがないなぁ、、、と思いながら読んでいたんだけど、読み終わってみるとハズレ感が。。。

実は最近、『モダンタイムス』あたりから作風が微妙に変わってきた感じはしてたんだよね。

つーか、『オーデュボンの祈り』『重力ピエロ』などの初期の頃のワクワク感を過渡に期待しすぎている自分に問題があるのかもしれないが、、、

なので、これから読もうと思っている『SOSの猿』も同じ思いをするのかもなぁ。。。



天才たちのプロ野球
天才たちのプロ野球
posted with amazlet at 13.12.01
講談社 (2012-09-28)
売り上げランキング: 17,448

マウンドに散った天才投手
松永 多佳倫
河出書房新社
売り上げランキング: 100,210