zakky's report

ネタバレ上等ブログ

アマルフィ 女神の報酬


スポンサーリンク

 

イタリアで起きた日本人少女誘拐事件にひょんなことから巻き込まれた外交官の話。本当はイタリアで開催される外務大臣のパーティの要人警護がメインミッションだったのに、なぜか誘拐事件の少女の父親役になってしまうというストーリーなんだけど、原作は真保裕一だったのか。真保さんと織田裕二の組み合わせといえば『ホワイトアウト』を思い出すな。

てか、タイトルのアマルフィって何って思ったらイタリアの地名だったのね。すごいキレイな場所でした。でもサブタイトルの「女神の報酬」ってのは何なんだろう。あのツンとしてた天海祐希子が最後に見せた笑顔ってことかな?


(「シネマトゥデイ」より)
クリスマス目前のローマ。亡き夫との思い出が詰まった街で、矢上紗江子(天海祐希)は最愛の娘の失踪(しっそう)するという最悪の事態に見舞われてしまう。身代金目的の誘拐か、それともテロか……? 犯人グループが警察の包囲網をかく乱し、捜査が一向に進展しない中、事件の真相に迫る外交官・黒田(織田裕二)は、ある事実に行き当たる。

映画の冒頭、夫婦と思しき黒田康作(織田裕二)と矢上紗江子(天海祐希子)が険悪なムードでホテルにチェックインする。なるほど外交官黒田は妻帯者なのね、と思った。ただ、紗江子があまりにも無愛想なので離婚寸前なのに黒田の都合で仕方なくついてきてる妻なのかと思った。

そしたらいきなり回想シーンで全てが判明。なんと紗江子は一人娘まどか(大森絢音)をイタリアで誘拐されてしまったのだった。そしてそこにたまたま居合わせた外交官黒田が犯人からの脅迫電話に父親と名乗ってしまったのが原因で夫婦を演じることに。しかし、もし犯人グループに監視されてるとして、あんな他人行儀じゃ夫婦を演じられてない気がするんだが。

てか、紗江子がダメすぎる。。。 治安だって日本とは大違いだし、治安に問題がない場所でも言葉が通じない海外で何か起きたらどうしようもない。それなのに娘から目を離すどころか、一人でトイレに行かせてしまうって。。。 んで、黒田が現地警察に通報したのに難癖つけてひっぱたくって逆ギレもいいところ。 しかも、犯人との接触のために現地警察が用意した偽札入りバッグを黒田が持つって言ってるのに無視した挙句、奪われてやんの。。。 足手まといもいいところだ。

誘拐事件の真相は、数年前に日本からバルカニア共和国というところに政府援助した結果、その資金が軍に渡り市民虐殺が起きたとかで、それに巻き込まれた妻の敵を取るために藤井昌樹(佐藤浩市)が仕組んだものだった。この藤井がいい人っぽく現れたんだが、まさか犯人だったとは。。。

しかもその準備がかなり手の込んだもので、誘拐捜査を理由に監視カメラのマスター映像などが保管されているセキュリティセンターに紗江子らを入らせ、そこで騒動を起こさせるというもの。その騒動で日本大使館を含めたローマ市内全域に渡るセキュリティシステムがハッキングされちゃうとか、ありえるのだろうか???

あと戸田恵梨香の存在価値もイマイチよく分からんかった。安達香苗という日本大使館の下っ端なんだけど、なんか微妙な役柄だった。

最後のサラ・ブライトマンの歌、『タイム・トゥ・セイ・グッバイ(ソロ・ヴァージョン)』は素晴らしかった。



アンダルシア 女神の報復 スタンダード・エディション [Blu-ray]
ポニーキャニオン (2011-12-21)
売り上げランキング: 43,590

外交官 黒田康作 Blu-ray BOX
ポニーキャニオン (2011-12-21)
売り上げランキング: 36,059

外交官の仕事
外交官の仕事
posted with amazlet at 13.12.08
河東 哲夫
草思社
売り上げランキング: 74,830