読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

zakky's report

ネタバレ上等ブログ

 

ソーシャル・ネットワーク


スポンサーリンク

 

全世界で5億人以上の会員を集め、いまや飛ぶ鳥を落とす勢いのfacebook。その創始者であるマーク・ザッカーバーグを中心にfacebookの成長を追う作品。

創始者ザッカーバーグは巨万の富と引き換えに孤独になっていく。ITで急成長を遂げた企業ではありがちなパターンじゃないかというのが正直な感想。だが、人を結びつけるためのSNSを作った本人が孤独になるっていうのは何とも皮肉だ。

それにしてもfacebook。登録したけど全然使ってない。この映画を見たら使うきっかけになるかと思ったけど、特に変化なし。


(「シネマトゥデイ」より)
2003年、ハーバード大学の学生マーク・ザッカーバーグジェシー・アイゼンバーグ)は、学内で友人を増やすためのサイトを親友のエドゥアルド・サヴェリン(アンドリュー・ガーフィールド)と共に立ち上げる。サイトは瞬く間に学生たちの間に広がり、ナップスター創設者ショーン・パーカー(ジャスティン・ティンバーレイク)との出会いを経て、社会現象を巻き起こすほど巨大に成長していくが……。

映画の冒頭。ザッカーバーグ(ジェシー・アイゼンバーグ)は失言から恋人エリカに振られてしまう。まぁ、早口で喋るわ、会話は噛み合わないわ、その上、相手の大学を軽んじてしまったので仕方ない。そそくさと寮に帰ると、酔った勢いでハーバード大学の各寮のサイトをハッキング。女学生の写真だけを2人ずつ表示してどっちが美人かを競わせるというフェイスマッシュというサイトを即興で作ってしまう。瞬く間にアクセス数が伸び、深夜4時にハーバード大学のネットワークがダウンしてしまう。

大学の査問委員会から謹慎を言い渡されるだけでなく、当然ながら女学生からも忌み嫌われるザッカーバーグ。しかし一夜にしてそんなサイトを作り上げる腕前に目をつけたグループがいた。ザッカーバーグが憧れる名門クラブの会員でもあるキャメロン&タイラー・ウィンクルボス兄弟(アーミー・ハマー:一人二役)、ディビヤ・ナレンドラ(マックス・ミンゲラ)だ。ちなみにウィンクルボス兄弟はボート部のエース級で、その後も北京オリンピックに出場するほどの腕前。

で、ウィンクルボス兄弟とナレンドラの3人は、クラブの会員と他大学の学生を結びつけるためのSNSサイト、ハーバード・コネクションを考案し、その開発をザッカーバーグに依頼する。その場では協力を約束したザッカーバーグだったが、寮に帰ると親友エドゥアルド・サヴェリン(アンドリュー・ガーフィールド)にサーバー費用の出資を仰ぎ、自身でサイト構築に乗り出してしまう。それが後のフェイスブック、当時は「ザ・」がついて「ザ・フェイスブック」という名前だった。

ザッカーバーグは寝る間も惜しんで開発を進め、ついに数週間を経て、ザ・フェイスブックがオープンする。それまでハーバード・コネクションの開発は順調だと思っていたウィンクルボス兄弟とナレンドラは超激怒。ザッカーバーグにサイト停止を迫る手紙を送ったり、ハーバードの学長に講義したり。しかし、一向に解決しないため、ついには正式に訴えることとなる。

一方、出だしは好調だったフェイスブック。学内では「フェイスブックする」なる言葉まで出現するほどで、開発者ザッカーバーグは徐々に人気者となっていく。そして、ザッカーバーグとエドゥアルドは次なる成長戦略として、サイトをハーバード大学以外へと展開していく。そんな中、二人はその後のフェイスブックの方向性を決める重要な人物と出会うことになる。音楽共有サイト、ナップスターの創始者として一世を風靡したショーン・パーカーだ。パーカーに心酔するザッカーバーグと敵視するエドゥアルドは次第に疎遠になっていく。ちなみに名前から「ザ・」を取ったのはパーカーの提案だ。

急成長するフェイスブックはパーカーの人脈から高額の出資を勝ち取り、全米、全世界へと展開していく。そしてフェイスブック最大の裏切りとも言えるエドゥアルドの排除が決行される。エドゥアルドは30%強を保有していた第2の株主だったが、ある日突然、1%以下の弱小株主にされてしまったのだ。事実を知り、激怒して出て行くエドゥアルドの背中を見つめるザッカーバーグの目が何とも寂しげだった。ちなみにパーカーは自らの過ちで警察のご厄介になったらしく、そのままいなくなってしまう。

さて、fecebook創始者として成功を収めたザッカーバーグ。ウィンクルボス兄弟とナレンドラ、そして、エドゥアルドの両者から訴えられることに。実はこの映画は、この両者との協議が現在として描かれており、フェイスブックの開発から成長などの描写はすべて過去の回想という形になっている。

そしてエンディング。ボスニアフェイスブックの状況をチェックしていると言った彼に対して、弁護士の女性が「ボスニアには道路はなくてもフェイスブックはある」といったようなことを言っていた。そういえば今回のエジプトのムバラク政権崩壊もフェイスブックが活躍したとか。。。

それはさておき、会議室に一人残るザッカーバーグ。映画の冒頭で自分を振ったエリカのフェイスブック情報を見つつ、画面更新を繰り返す。まるで彼の孤独を物語るかのようなエンディングでした。ちなみに両者とは巨額の支払いで和解した模様。


フェイスブックが危ない (文春新書)
守屋 英一
文藝春秋
売り上げランキング: 23,147