zakky's report

ネタバレ上等ブログ

 

映画『グラスホッパー』


スポンサーリンク

 

伊坂幸太郎原作小説の映画化。

原作『グラスホッパー』と続編『マリアビートル』、どっちも原作は好きだったがこの映画はちょっとコレジャナイ感が、、、

キャストも演技も悪くないんだけど脚本が絶望的につまらなかった。残念



(シネマトゥデイより)
恋人を殺害した犯人へのリベンジを誓った鈴木(生田斗真)は、教職を辞め裏社会の組織に潜入しその機会をうかがっていた。絶好の機会が訪れた矢先、押し屋と呼ばれる殺し屋の仕業で犯人が目前であっけなく死んでしまう。正体を探るため鈴木が押し屋の後を追う一方、特殊な力で標的を自殺に追い込む殺し屋・鯨(浅野忠信)は、ある任務を終えたとき、殺人現場を目撃し……。

映画『グラスホッパー』 - シネマトゥデイ

キャストの演技は総じてよかったが、、、

主人公鈴木を演じる生田斗真。唯一の堅気として余裕のなさとか頼りなさが表現できててさすがだなぁ、と思った。

それと殺し屋の鯨と蝉を演じた浅野忠信と山田涼介も対照的な雰囲気が出ててよかった。特にすごいと思ったのは山田涼介。彼はジャニーズの若手?だと思うんだが演技派担当なのかな?

浅野忠信が演じる余裕たっぷりなベテラン殺し屋鯨を前にして、若気のギラギラした殺気を放つ蝉役の山田涼介。素晴らしいコントラスト。ただ、死んでから仲良くなるとか意味不明の演出はやめてほしかった。

ここまではよかったんだが、吉岡秀隆や麻生久美子が演じる槿・すみれ夫妻一家の設定が謎すぎ。二人は今回の案件のために急きょタッグを組んだ急増仮面夫婦だったが、あの子ども達は一体。。。 こんな危険な任務に子どもを巻き込むってのはどういうことだ? 一応小さい方の子が今回の事件のきっかけとなる渋谷スクランブル交差点の事故の現場にいたらしいのだが、、、

あと一番の問題は石橋蓮司、菜々緒らが演じた寺原一味だろうなぁ。なんか今回の話のターゲットなんだけど小物過ぎだったw もう少し恐怖心を煽るくらいの邪悪さが欲しかったかな。


伊坂作品の真骨頂が表現できてない

原作は同時進行する複数のストーリーが終盤に向けて一点に収束していく感じが素晴らしく、これぞ伊坂作品の真骨頂なわけなんだけどその感じが全然しませんでした。映像化にあたって何よりも表現してほしかったところだけに残念ですね。

途中で妙に伏線っぽく複数のストーリーを関連付けちゃってるのがよくなかったかな。あれのせいで最後に一点に集中する部分がなんかぼやけてしまった。それでいて鈴木の元教え子とか言ってた馬鹿女が実は潜入者だったり新たな情報も出てきたもんだから困ってしまう。

この辺りは映像だからこその表現方法とかがあったと思うんだけど、そういうのも脚本がぶち壊してしまってる感じだった。


続編はあるのかな?

原作では続編の『マリアビートル』というのがあります。今度は高速で疾走する東北新幹線の社内での殺し屋バトルロイヤル。大人を小馬鹿にする小学生殺し屋まで登場する話なのでそのまま映像化は難しそうだけど。

ちなみにタイトルの「グラスホッパー」はバッタ、「マリアビートル」はカブトムシって意味です。さらに続きが出たら今度はどんな虫が登場するんだろうか。。。



以下、かなり前に書いた原作のレビュー記事です。

zakky-rep.hatenadiary.jp

zakky-rep.hatenadiary.jp




グラスホッパー スタンダード・エディション [DVD]
Happinet(SB)(D) (2016-04-28)
売り上げランキング: 3,192

グラスホッパー(1)<グラスホッパー> (カドカワデジタルコミックス)
KADOKAWA / 角川書店 (2012-09-01)
売り上げランキング: 119,103