zakky's report

ネタバレ上等ブログ

 

映画 イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密


スポンサーリンク

 

プライムビデオで視聴

解読不可能と言われたナチスの暗号エニグマの解読を成し遂げた天才数学者の話。

最後は何だか切ないというかやるせないというか、、、

天才数学者ってなんか不幸な最期が多いんだよね。

(シネマトゥデイより)
第2次世界大戦下の1939年イギリス、若き天才数学者アラン・チューリング(ベネディクト・カンバーバッチ)はドイツ軍の暗号エニグマを解読するチームの一員となる。高慢で不器用な彼は暗号解読をゲーム感覚で捉え、仲間から孤立して作業に没頭していたが、やがて理解者が現れその目的は人命を救うことに変化していく。いつしか一丸となったチームは、思わぬきっかけでエニグマを解き明かすが……。
映画『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』 - シネマトゥデイ

今のコンピュータの基礎を築いた天才数学者

アラン・チューリングのチューリングマシン。コンピュータサイエンスを学んだ者なら聞いたことがある名前だと思う。

軍事機密ということもあって彼の業績については英国政府が長く秘密にしていたため、正当な評価をされなかったというのも悲しい現実だ。

数年前、英国政府が彼の扱いについて謝罪したこともあったとか。まあ当時の法の元で正当な判決だったので結果は覆らないんだが、女王恩赦が出たらしい。


孤独な天才を丸くした潤滑油、キーラ・ナイトレイ

映画の中のアランはとにかくとっつきにくい変人という感じ。他を寄せつけず自らの殻にこもる孤独な数学者という感じ。こんなやつが近くにいたら速攻逃げると思う。まじむりw

特に最初はその傾向が強かった。協調性はないし、自分の能力は信じて疑わないし、ドン引きするレベル。チームの同僚とも協力せず単独行動ばっかなのでますます孤立していく。

だが、キーラ・ナイトレイ演じるジョーンという女性が出てきて流れが変わる。男だけの世界だったからね、女が出てくるといろんなバランスが崩れるんだわ。なんか彼女がギクシャクしたチームの潤滑油のような感じだった。就活得意そうw

あと彼女がバランスクラッシャーたる理由がもう一つあります。それはめっちゃ頭いい。アランも驚くレベルだったので、これまで他人を信じるという考えがまったくなかった彼も彼女との出会いでなんか丸くなっていくんだよね。潤滑油、素晴らしい!


しかし彼の孤独の深さは普通じゃなかった

ジョーンと婚約までしてこのままエニグマ解読して幸せになってお終い、そんな未来が見えそうだったが、彼の孤独はそんな甘いもんじゃなかった。

途中で発覚することなんだけど彼は実は同性愛者で、そのきっかけは学生時代にまで遡る。イジメという孤独から彼を救ってくれたクラスメイト、クリストファーに惚れてしまう。なんか暗号ラブレターとか交換してて、うわぁ、、、暗号で I LOVE YOU とか、、、 うわあ、、、って感じだったw

そんなアランにとってかけがえのないクリストファーが病死してしまい、その彼が忘れられずいつまでも引きずっていた。それが彼の孤独の正体だった。

アランはエニグマ解読マシーンにクリストファーと名付けてたからね。多分、このマシンをさらに進化させて、その先には頭脳を持ったクリストファーの再現を夢見ていたのかな。現代の人工知能のレベルを考えてもあの機械でクリストファー再現は無理があったとは思うが、、、


悲しい結末

不可能と言われたエニグマ解読の偉業を成し遂げたアラン達。しかしこれをそのまま上官に報告するわけにはいかなかった。

無能上官に報告したらエニグマで得た情報をそのまま使って、すぐにナチス・ドイツに解読が知られることになってしまう。そうすると敵はまた別の暗号システムを使うようになり2年かけて解読したことが無意味になってしまうからだ。

そんなわけで無能上官を飛び越してMI-6と組んで、エニグマ解読で入手した情報のうまく使うことで、敵国に知られずにじわじわと追い詰める作戦を敢行していく。

こうして戦争は集結するのだが、結局同性愛者であることが漏れてしまい、強制わいせつ罪で法廷にかけられてしまう。アランは投獄回避と引き換えに強制ホルモン投与を受け入れることになるのだが、薬の影響で身体は震えてしまい、見るも無残な出で立ちだった。功労者になんてことを、、、

結局、強制ホルモン投与から1年後に彼は自殺してしまったということだ。

しかし、彼のおかげで第二次世界大戦は2年以上早く終結し、そして今我々が当たり前のように使っているコンピュータも彼がその礎を築いてくれたものだ。

なんだか切ない終わり方だったが、実在した人物を描いた映画だし、それが本当ならこういう終わり方で仕方ないんだよね。それにしても悲しい。



チューリング

チューリング

暗号解読〈上〉 (新潮文庫)

暗号解読〈上〉 (新潮文庫)