zakky's report

ネタバレ上等ブログ

 

映画 ジェイソン・ボーン


スポンサーリンク

 

ジェイソン・ボーン5本目。

相変わらず一人で逃げ回ってるんだな。。。

4作目『ボーン・レガシー』は見てないんだけど、それほど苦じゃなかったかな。

ジェイソン・ボーン ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

ジェイソン・ボーン ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

(ぴあ映画生活より)
世間から姿を消して生活していたジェイソン・ボーンの元に、元同僚ニッキ―が現れ、CIAの極秘プログラムが始動したという情報とボーンの過去にまつわる衝撃的な真実を告げた。ボーンは再び世間に姿を現すが、CIAエージェントのリーによって追跡され……
ジェイソン・ボーン|映画情報のぴあ映画生活

3作目ラストの因縁

ジェイソン・ボーンシリーズ3作目『ボーン・アルティメイタム』のラストあたりで、ボーンがCIAの極秘作戦「ブラックブライアー」を暴露した話があったんだけど、今回はそのせいで敵国に拘束され2年間拷問を受けたという工作員アセット(ヴァンサン・カッセル)がボーンへの復讐の鬼として登場。

こいつマジやばかった。作戦遂行のためには見方だろうが一般市民だろうが容赦なく一瞬で殺すからね。危なすぎる、、、

ボーン・アルティメイタム [Blu-ray]

ボーン・アルティメイタム [Blu-ray]


最強工作員対決 ボーン vs アセット

まあなんつーか、どっちも強い。↑に書いた通りアセットは冷酷無比で目的のためなら一直線。けど猪突猛進って感じではなく感情はあまり表に出さない。まあボーンに向けた憎しみだけは尋常じゃなかったけど。

まあ同業に裏切られて敵国に捕まって拷問とか、確かに気持ちは分かるけどそれが仕事だしなぁ。。。

あとこいつが実はボーンの父親が死んだ事件に関与してたっぽいので、そもそもボーンがアセットを恨んでいいんじゃないかと。

一方のボーン。相変わらず強い。こちらも感情はあまり出さないが人間味は少しある。あと頭がいいというか動きに無駄がないというか、常に敵の先を行くのがすげえ。あと必要なものをササッと盗みながら行動するのもすげえ。すれ違いざまに関係者がぶらさげてる入館証をさっと盗んだり、監視対象のポケットに追跡機器を忍ばせたり、マジシャンかよw

冷酷殺人マシーン vs マジシャン工作員の一騎打ちはマジシャンの勝利。やっぱボーン強いわ。


CIAの内部抗争

CIAのデューイ長官役はBOSSのCMでおなじみのトミー・リー・ジョーンズ。

こちらも目的のためなら交渉相手や部下を消すことを厭わない冷酷な長官役だった。どうしても宇宙人ジョーンズが脳裏に浮かんじゃうんだけどねw


そして密かにCIA長官の座を狙っているのがラッセル情報長官、さらに彼の賛同者でCIAサイバー部の新任部長ヘザー・リー。

このリーちゃんがね、ちょっとCIAの部長にしては若すぎなんだよね。20代でCIA長官から直接指示受けたりするってありうるの?

ちなみに演じてるアリシア・ヴィキャンデルさんは映画「リリーのすべて」でオスカー受賞済み(助演女優賞)なのね。すごいわ。

リリーのすべて (字幕版)

リリーのすべて (字幕版)

あと来年公開予定のトゥームレイダーでララ・クロフト役をやるらしい。(昔、アンジェリーナ・ジョリーもやったやつね)

トゥームレイダー (字幕版)

トゥームレイダー (字幕版)


続編ありそうな終わり方

結局のところ、リーも自分の出世のために情報長官の駒として動いていて、ボーンをCIAに復帰させようとしたのも彼を理解したからではなかった。

逆らうようなら彼を消すというリーの思惑がボーンにモロに筒抜けだったことが最後に判明し、ボーンは再び姿を消した。

この微妙に悪役っぽいリーがそのまま残ったことで何となく続編がありそうな予感がするんだよね。

けど、基本は壮大な追いかけっこって感じになるからなぁ。もう少し工夫しないと飽きるw


ジェイソン・ボーン ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

ジェイソン・ボーン ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]