読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

zakky's report

ネタバレ上等ブログ

 

鹿男あをによし


スポンサーリンク

 

★★★★
万城目 学
価格
ロマンティストは計画家。
前処女作『鴨川ホルモー』と同じで主人公の顔が浮かびにくい。今回は名前すらない。そして心情もあまり描かれていない。この点がスバラシイ。心情は読者自身があれこれと想いをめぐらせればいいのだから記述する必...
あまなつShopあまなつで見る同じレイアウトで作成
奈良の女子高に赴任した臨時教師が鹿雄となりながらも日本を救うために奔走する奇想天外歴史ロマン。 あまり期待していなかったので予想以上に楽しめた。ドラマ化された時も全く興味が沸かず、原作も全く読む気がなかった。なぜ読む気になったのかもいまだに分からない。不思議な作品。 万城目氏のデビュー作『鴨川ホルモー』も気になるところだが、今のところ読む気はない。でも読むんだろうなぁ。。。

(オンライン書店ビーケーワンより) 「さあ、神無月だ。出番だよ、先生」 2学期限定で奈良の女子高に赴任した28歳の「おれ」。ちょっぴり神経質な彼に下された、空前絶後の救国指令とは!? ユーモアがちりばめられた渾身の書き下ろし。

職場である大学院を休職し、奈良の女子高に赴任した主人公。赴任初日の朝、堂々と遅刻してきた生徒、堀田といきなり険悪な関係になってしまう。この堀田という女生徒はなぜか異常なまでに主人公に敵愾心を持つ。 生徒との関係に悩みながらも何とか教職をこなす主人公。その主人公の前に突然しゃべる鹿が現れ、”運び番”を命じられる。で、何かバタバタしてるうちに鹿男にされてしまう。それにしても鹿男にまるまでが長かったなぁ。序盤の早い段階で鹿男になるもんだとばっかり思ってたのに、中盤に入ってやっと鹿化が始まったし。。。あ、鹿男ってのは顔が鹿になるというとんでもない話なんだけど、自分以外からの見た目は全く変わらないのが救い。でも、鏡や写真で自分を見ると顔が鹿に見えるし、実際に手で顔を触ると鹿の顔の感触なので、たまったもんじゃない。 鹿男から普通の人間に戻るために、”運び番”の任務を遂行する主人公。任務というのは、”目”と呼ばれる宝を狐の”使い番”から受け取り、依頼元の喋る鹿に渡すというもの。が、これがなかなか一筋縄ではいかない。主人公と同様に、実は鹿女だった堀田とも協力し、何とか”目”を手に入れようと奔走する。 途中で冗長な部分、というかいらんエピソードがかなりあってテンポダウン。これがちょっともったいない。まぁ、姉妹校3校でのクラブ対抗戦、大和杯の剣道部優勝の部分なんかは逆にすごくよかった。感動した。何かページがサクサク進むところとなかなか進まないところの差が激しかった。 登場人物のキャラ設定はかなり面白かった。特にかりんとう好きの藤原先生が笑えた。本作では男だが、ドラマでは綾瀬はるかが演じてるんだよな〜と、不思議な感じ。ドラマでもかりんとう好きキャラなんだろうか??? 他にもリチャード、マドンナといったキャッチーなニックネームが登場し、なかなか楽しめた。まぁ、リチャードはちょっと後味が悪いかな。キャラ的には結構好きなんだけどなぁ。 で、謎や気がかりな点が置き去りにされたまま話がどんどん進んでいくんだけど、これがものの見事に解決する。なんか結構スッキリした。最後の最後で伏線を見事につなげるやり方は伊坂幸太郎を思い出す。伊坂が理系的な収束なら、万城目は文型的な収束という感じがした。 最後の数ページでいろんなからくりが明らかになり、スッキリしたまま最高のエンディングへ。当初堀田が主人公に敵愾心丸出しだった理由も分かるし、終わり方は本当によかった。鹿、狐、鼠のそれぞれ能力や、邪馬台国、卑弥呼、三角縁神獣鏡とのつながりなど、どれも本当に素晴らしかった。 あれ?でもタイトルの「あをによし」に関する話が出てこなかった気がする。帯折り返し部分には「あをによし」についての文章があったが、本編中では見かけなかった気が。。。見落としたか???