読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

zakky's report

ネタバレ上等ブログ

 

シャッター アイランド

映画-洋画

スポンサーリンク

 

うーん、、、なんとも微妙。面白かったけど、なんか最後が残念と言うか。。。

確かに衝撃のストーリーだったけど解釈が別れる。

結局、主人公の心の内が分からないまま終わってしまったのが残念だった。

シャッター アイランド  スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2011-04-08)
売り上げランキング: 35,979


(「シネマトゥデイ」より)
精神を病んだ犯罪者の収容施設がある孤島、シャッター アイランド。厳重に管理された施設から、一人の女性患者が謎のメッセージを残して姿を消す。孤島で起きた不可解な失踪(しっそう)事件の担当になった連邦保安官のテディ・ダニエルズ(レオナルド・ディカプリオ)は、この孤島の怪しさに気付き始める……。

ボストン湾諸島のとある島に連邦保安官のダニエルズ(レオナルド・ディカプリオ)、オール(マーク・ラファロ)がやってくる。この島には凶悪犯罪者のための精神科病院があり、この島自体が施設になっている。

マクフィアソン警備副隊長(ジョン・キャロル・リンチ)と病院長のジョン・コーリー医師(ベン・キングズレー)が二人の案内役となる。島には物々しい装備を持った警備隊が多数。これは普通じゃないぞ。

二人がやってきたのは、この病院施設から一人の女性患者レイチェルが脱走したからだ。その女性患者は我が子3人を溺死させた凶悪犯ということで、その捜査のためにやってきたわけだが、どうも島の全員が非協力的。何かを隠しているようにも見える。捜査は一向に進まない。

ダニエルズがその女性患者の部屋を調べると、床の裏から "THE LAW OF 4 / WHO IS 67? " 「4の法則 / 67番目は誰?」というメモが出てくる。ここであれ?ってなる。なんかコーリー医師がそのメモを初見とは思えないような発言をしたような。。。初見じゃないとしたら、床裏に隠してた意図が分からん。

このあと脱走女性患者の主治医シーアン医師が今日は休暇で島外に出ているという事実が明らかになる。一緒に島を出てるんじゃね?と思った。

一日の調査を終えたダニエルズはある結論を導き出す。島のほとんどの人間が捜査に非協力的で、少ない証言は誰かに指示されているかのようにほとんど同じ。これは誰かが手を貸したとしか思えないと。

途中挿入されるダニエルズ保安官のフラッシュバック映像が何か気がかりだ。どうも妻ドロレスが死んだことが彼にとっては相当なトラウマになっているようだ。また、第二次世界大戦で兵士としてナチス強制収容所の解放に出向き、無法な殺生を止めるために行ったのに自分達もナチス兵を大量殺戮してしまったことで罪の意識に苛まされているようだ。

翌日、思いも寄らない形でストーリーが一変する。ダニエルズがこの島の捜査に来たのは、女性患者脱走の捜査だけではなく、死んだ妻を殺した放火魔がこの島にいるからだという。そしてその放火魔レディスは凶悪患者を収容するC棟にいるはずだと。それにC棟やこの島の灯台では患者を使った人体実験をしていると、話はとんでもない方向へ。

なんだこれ、どうやって収束させる気だ? ついていけん。

そして衝撃のラスト。。。

実はダニエルズ自体がこの島の病院に入院している患者だったと。しかも名前はレディスで、妻を殺害したのが彼だと。今回、治療の一環としてダニエルズというかレディスの妄想に島全体が付き合い、それによって病状が回復するかどうかを見極めるためにこんな大騒動になったと。回復すればそのまま治療を続けるし、回復しなければ脳外科手術(ロボトミー)が待っていると。

ちなみにメモの謎は、4の法則が4人の名前がスペルの入れ替えになっているということ。
 (実際の彼の名前)レディス←→ダニエルズ(妄想の彼の名前)
 (実際の妻の名前)ドロレス←→レイチェル(妄想の失踪患者)

67番目は誰?というのは、この島には彼以外に66人の患者がいて、67番目は彼自身ということだった。

んで、最後、実は彼は正気に戻ってるみたいなんだよね。「モンスターのまま生きるか、善人として死ぬか、どっちがましなんだろうな」と相棒オール保安官(本当はテディの主治医)に告げていて、前後の会話を解釈すると、正気に戻った上であえてダニエルズ保安官として振る舞い、そしてロボトミー手術を受けることを自ら選んだように思えた。

そういう解釈でいいのか? なぜロボトミー受けるのか分からん。やっぱり最後まで妻殺しである自分から逃げたかったってこと?




ぼくの脳を返して~ロボトミー手術に翻弄されたある少年の物語~
ハワード・ダリー チャールズ・フレミング
WAVE出版
売り上げランキング: 240,781

治療島
治療島
posted with amazlet at 13.12.08
セバスチャン・フィツェック
柏書房
売り上げランキング: 206,124

誰も語りたがらない黒い噂
黒い噂検証委員会
彩図社
売り上げランキング: 552,119