zakky's report

ネタバレ上等ブログ

踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!


スポンサーリンク

 

やっと観た。劇場公開がいつ終わるのかヒヤヒヤしてたが、今日やっと観られた。ホッとした。

今回はあまりよくないって噂も耳にしていたけど個人的には楽しめた。確かにこれまでの踊るムービーとは少し違った展開だし、話も何かごちゃごちゃしてた気がする。

室井がすごく出世してて、現場との距離がありすぎなのが残念。でもちゃんと現場を重んじる信念は曲げずに持ってたので安心した。

みんな出世していて、ニューフェイスも登場したりして、何はともあれ7年という歳月を実感できる設定だった。


踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ! スタンダード・エディション [DVD]
ポニーキャニオン (2011-02-02)
売り上げランキング: 19,149




(「シネマトゥデイ」より)
湾岸署を襲った連続殺人事件から7年。海外からの要人が降り立つ空港が近くにあり、高速道路や変電所などが立ち並ぶお台場は、テロリストの標的となっていた。そのため湾岸署は、よりセキュリティー設備が充実した新湾岸署への引っ越しをすることになる。引っ越しの作業を一任された青島(織田裕二)は、部下と一緒に取り掛かるものの、湾岸署管内で次から次へと事件が発生し……。


テレビシリーズから前作『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』まで、ずっと変わらず強行犯係・巡査部長だった青島俊作(織田裕二)も、本作では強行犯係係長・警部補、5名の部下を持つ中間管理職となっていた。うーむ、あの無鉄砲な青島に中間管理職が務まるのか? と思ったが、性格はそれほど丸くなってないのにチームはそれなりにまとまって機能している。強行犯係のメンバーは、テレビシリーズでは刑事を目指す署員だった緒方薫(甲本雅裕)や女青島の異名を持つ篠原夏美内田有紀)、和久平八郎の甥の和久進次郎(伊藤淳史)、常にパソコンを捜査している栗山孝治(川野直輝)、中国人民警察から研修でやってきた王明才(滝藤賢一)と多彩な顔ぶれ。まぁ、緒方、篠原、和久に関してはかなり青島シンパなので、青島が率いるにはいいチームなのかも。

さて、中間管理職の青島だが、湾岸署の引越しに伴い、引越し対策本部長にも就任。完璧なセキュリティを誇る湾岸署新庁舎への引越しの指揮も執っていた。そんな引越しで大忙しの最中、湾岸署管内でバスジャックと銀行金庫破りが発生。駆けつけるも特に大きな被害もなく、何とも腑に落ちない捜査員。ところが本当の事件はすでに起こっていた。ただでさえ引越しで混乱しているのに、バスジャックでは強行犯係が、銀行金庫破りでは盗犯係が、それぞれ現場に駆けつけてたため湾岸所内は手薄になってしまう。業者に扮装した犯人達は易々と侵入し、スリーアミーゴが気づいた時にはすでに拳銃が三丁が無くなっていた。スリーアミーゴスの言い訳記者会見がふざけ過ぎで笑った。

そうこうしているうちに盗まれた拳銃で連続殺人事件が発生。警視庁から捜査官がワラワラとやってきて、新庁舎の大会議室で捜査会議が開かれる。指揮を執る警視庁刑事部捜査一課管理官・警視正の一倉正和(小木茂光)は「捜査は本庁捜査員のみで行う。所轄はいらない。引っ越しやってろ」と一蹴すると、青島ら所轄の面々は怒り心頭。いつもなら室井慎次がこの混乱を収拾するのだが、今回は警視庁刑事部捜査一課管理補佐官・警視の鳥飼誠一(小栗旬)がその役を買って出る。どうやら、この管理補佐官というのは新しくできた役職で、本庁と所轄の間に立って現場捜査を円滑に進めるための調整役。警察官僚として出世した室井が現場を重んじるために用意した役職らしい。

ちなみに室井は『容疑者 室井慎次』の責任を取って広島県警に異動していたが、警察庁長官の池神に呼び戻されて警察庁長官官房審議官・警視監となっていた。どんな役職だが分からないが、名前から想像すると長官の腹心的なポジションだろうか。なんか官房審議官室なんて部屋もあるし、部下もたくさんくっついてるし、あの円卓の警察中枢会議(と勝手に命名)にも出ていたりして、これは相当な出世と思われる。そんなわけで室井が雲の上の存在となってしまった今、その役割は鳥飼に引き継がれるのか、、、と思いきや、どうもそうではないっぽい。

鳥飼は間に入って調整はするが、基本的にどちらの肩も持たず、双方のメリットとデメリットのうまく調整することに徹する。室井のことを「所轄ばっかり信じて動かすのは利口とは思えない」などと評するところからも、室井と同じ考えではないようだ。つーか、警察キャリアで室井と同じ考えの人間は珍しいんだろうけど。でも、一倉が圧倒的な本庁寄りなんだから、ここはもう少し現場寄り、室井寄りの人間がいた方がバランスが取れたような。。。

それともう一つ残念なのが、筧利夫演じる新城賢太郎がいなかったこと。『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』ではあの鬼の女管理官、沖田仁美(真矢みき)を本庁に連れ帰したり、『容疑者 室井慎次』では室井の辞表を自らの職権で破棄したりと、どちらかというと室井寄りなところがあったので、彼にはいて欲しかった。

さて、捜査の方は真下の後任として警視庁刑事部交渉課課長・警視となった小池茂(小泉孝太郎)が活躍。被害者がプレーしていたオンラインゲームを通じて犯人と接触し、要求を聞きだす。その要求とは、映画のサブタイトルにもなっている「ヤツらを解放せよ!」だった。ヤツらとは、かつて青島によって逮捕された9人の犯罪者。その9人の中の1人、『踊る大捜査線 THE MOVIE』で猟奇殺人で逮捕された日向真奈美(小泉今日子)が含まれており、実は彼女こそがこの騒動の真犯人だったりする。精神的な病気で医療刑務所にいた彼女だが、その彼女を崇拝する若者を操り、自身の解放作戦を企てたということらしい。「手術してやろうか?」のセリフはマジで怖い。

この日向真奈美というキャラなんだけど、何か真っ白なイメージとIQが高いという設定から『すベてがFになる』に出てくる天才博士・真賀田四季を思い出してしまう。あの真っ白い部屋はかなり不気味だったなぁ。

さて、室井の苦渋の決断で超法規的措置によるヤツらの解放が決定し、室井は鳥飼を通して青島に日向真奈美の護送と説得を命じる。所轄の捜査員に大役を命じることに異論を唱える鳥飼だが、室井は「これは長官官房審議官としての命令だ!」と一蹴。

それに応じるかのように青島の今回のキメゼリフ「俺に部下はいない。いるのは仲間だけだ」が出た! いいね~。こういう考えがやはりチームをまとめているのか、、、と感心してしまう。というか、実際に青島を見ていると部下を仲間として考えているのが分かる。上司としての絶対的な命令ではなく、仲間としてそれぞれの長所を活かした提案のようなイメージだ。それが顕著に現れるのがPCオタクの栗山だ。PCばかりいじっている栗山を頭ごなしにやめさせることもなく、その長所を活かすことで、結果的に拳銃窃盗および連続殺人の犯人グループが潜伏していたネットカフェを突き止めることができた。さらに篠原の記憶と王の中国太極拳というメンバーのそれぞれの長所が実を結んで、犯人グループを確保することができた。

一方、日向真奈美と行動を共にする青島。スマートホンを捜査し続ける日向に対して、青島は彼女の機嫌を損ねないよう、丁寧に探りを入れながら会話を始める。この辺はさすが元コンピュータ関連会社の営業マン。交渉人とは違った全身を使った会話術だよなぁ。青島の巧みな話術が功を奏し、彼女の真の目的が分かる。何と湾岸署の旧庁舎と共に死ぬことが彼女の目的だった。元々『踊る大捜査線 THE MOVIE』でもこの旧庁舎で死のうとしたが果たせず、今回ここで殉教死という形で死を遂げれば、自分を崇拝する若者が第二第三の日向真奈美となって事件を起こすだろうと、そういう屈折した考えだ。

実はこの辺からよく分からんかったのだが、旧庁舎爆発寸前に青島は日向をあの緑のアーミーコートで包んで確保する。ものすごい爆発の後に日向を背負って出てくる青島。あれだけの爆発で無傷ってどういうことだったのか??? 踊るムービーは毎回重傷者が出るんだが、今回は鳥飼がPC爆発で左顔面を負傷したくらいだった。でも、カッコイイ顔にちょっと傷が残っちゃいそうで心配だが、、、

ちなみに小栗旬は内田有紀との競演を夢見て芸能界に入ったらしいが、現場ではどんな感じだったのかな? パンフレットの小栗旬のインタビューのところに、自分の演じる役が本庁の人間だったのがショックで、自分も所轄の人間だったら伊藤淳史君みたいにもっと内田有紀さんと喋れたのに、、、みたいなことが書いてあった。なんかいいね。

そんなこんなでいろいろあった本作。ちょっと詰め込み過ぎ感がないでもない。この他にも青島の病気ネタとかもあったり、真下正義ユースケ・サンタマリア)の湾岸署長就任があったり、、、でも恩田すみれ(深津絵里)との関係は全く進展しないな。真下は雪乃さんとの間に二人目の子どもができたらしいが。。。

今回の少し違和感があったのはやはり室井の出世。いや、出世はいいんだけど、そのせいで青島との絡みがなくなってしまった。最後の新庁舎の開署式に出席した室井が帰るところでやっと二人が対面。「捜査はもうしない。私のこれからの仕事は政治だ」と青島に告げる室井。これを聞いたときに、あぁ、二人はもう別々の道を歩んでいるんだなぁ、と寂しく思ってしまった。でも、決して現場をないがしろにしてるワケではなく、むしろ信頼していることが見てとれる。その考えは「現場の捜査員に任せたい」というセリフにも現れていると思う。



踊る大捜査線に学ぶ組織論入門
金井 壽宏 田柳 恵美子
かんき出版
売り上げランキング: 16,371

踊る大捜査線研究ファイル (扶桑社文庫)

扶桑社
売り上げランキング: 182,500

RAH 青島俊作
RAH 青島俊作
posted with amazlet at 13.12.02
メディコム・トイ (2013-05-11)
売り上げランキング: 1,492