zakky's report

ネタバレ上等ブログ

 

詩的私的ジャック―JACK THE POETICAL PRIVATE


スポンサーリンク

 

森博嗣「S&Mシリーズ」第4弾。ハマってるシリーズなんだけど、今回はちょっとイマイチだったかなぁ。このシリーズは理系ミステリィと言われるだけあって、全体的に論理的な説明が多いんだけど、本作はタイトル通りちょっと詩的な感じ、文型的な要素が多かった気がする。その辺が馴染めなかった。

 

詩的私的ジャック (講談社文庫)
森 博嗣
講談社
売り上げランキング: 514

 

■S&Mシリーズのエントリーはこちら

すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER - zakky's report

冷たい密室と博士たち―DOCTORS IN ISOLATED ROOM - zakky's report

笑わない数学者―MATHEMATICAL GOODBYE - zakky's report

詩的私的ジャック―JACK THE POETICAL PRIVATE - zakky's report

 

(「BOOK」データベースより) 大学施設で女子大生が連続して殺された。現場は密室状態で死体には文字状の傷が残されていた。捜査線上に浮かんだのはロック歌手の結城稔。被害者と面識があった上、事件と彼の歌詞が似ていたのだ。N大学工学部助教授・犀川創平とお嬢様学生・西之園萌絵が、明敏な知性を駆使して事件の構造を解体する。

 


今回は犀川の勤務先、そして萌絵の通学先でもある国立N大学と、その周辺にある2つの私立大学が舞台となる。例によってまたまた密室殺人モノだ。つーか、このシリーズは残り6作あるんだけど、全部密室モノなんだろうか? ただ、今回の事件では女子大生の被害者が下着姿にされており、さらに死体の腹部にサインらしき傷があるなど、快楽殺人系もしくは猟奇殺人系を思わせる。本作タイトル自体が猟奇殺人のパイオニア「切り裂きジャック」を思わせることもあり、萌絵が標的になっちゃうのかなぁ?なんてヘンな期待をしてみたり。。。

ところが、話はそんな単純ではなかった。2人の被害者はロック歌手の結城稔の熱狂的ファンであり、殺害状況が彼の新曲の歌詞に酷似していたのだ。そこで警察は結城をマークすることに。まぁ、違うんだけど。。。

さてさて、今回の密室殺人は全部で3つ。最初の2つの密室トリックについては物語の前半部分でものの見事に萌絵が解く。結構理系チックに解けて、読み手としてもなるほど〜、と感心してしまった。しかし、なぜ密室にする必要あったのか?という謎や犯人については全く分からないままだ。この辺りを犀川は重視する一方で萌絵はあまり重視していない。あくまでも密室トリックを解くことに重きを置いている。うーん、密室フェチか。。。

まぁ、今回萌絵が事件にあまり首を突っ込まなかった理由は、密室トリックを早々に暴いたからだけではなかった。私立S女子大の助手、杉東千佳(結城稔の兄の妻)から犀川の過去について聞いたことで、自分は犀川について何も知らなかったことを痛感する。それによって事件どころではなくなってしまったのだった。ちなみに杉東によれば、犀川は本当にスゴイらしい。この歳にして取れる賞は全て取ってしまっているとのこと。以前、私立S女子大が犀川を教授として招聘しようとしたところ、犀川助教授なら受けると言ったらしい。大学の格の違いからすれば、助教授のままの招聘は無理で、そのまま話はなくなってしまったと。うーん、犀川、どこまでカッコイイんだ。

と、まぁ、萌絵と犀川の人物像に迫れたことが大きかった気がする。萌絵は犀川のことでいつになく弱気になっており、新しい側面が垣間見えた。一方、犀川は今まで何か優しげなイメージがあったが、弱気になっている萌絵に「甘えている」と断言してしまうくらい手厳しかったりする。あ、それからN大助手の国枝桃子の人柄にも迫れた。ぶっきらぼうで余計なことは喋らないため、これまであまり踏み込んだ性格描写がなかった。が、今回、萌絵とのサシの会話シーンがあり、これがなかなか楽しめた。萌絵が犀川のことで弱気になっていたこともあり、国枝のストレートな性格が浮き彫りになった形だ。流石の萌絵もたじたじになっていた。

で、物語は第3の密室殺人事件により一気に加速する。が、個人的には事件の真相や動機があまりにも理解しがたく、少々消化不良気味。結城稔と兄の入れ替わりや、着せ替え人形的なアソビの話など、ちょっと理解に苦しんだ。まぁ、今回は前述の犀川、萌絵、国枝の人物像を見直せたことが収穫かな。

そういえば作中で面白い話題が出ていた。コサインカーブ積分するとサインカーブになるのが、ブーメランが戻ってきたり自転車が倒れないメカニズムの答えらしい。うーん、何がどう答えになるのか分からないけど、知ったかぶりできそうだ。ムラタセイサク君も一生懸命コサインの積分をしてるのだろうか??? 個人的には自転車が倒れないのは、倒れる前に前進しつつ、それでも倒れそうになったら反対側に持っていこうとする人間の力だと思ってるのだが。。。あ、元号使用は男女差別の根元だとかってのもどうしてなのか分からなかったなぁ。

 

 

封印サイトは詩的私的手記―I Say Essay Everyday
森 博嗣
幻冬舎
売り上げランキング: 724,500