zakky's report

ネタバレ上等ブログ

映画『四月は君の嘘』感想 必要最低限の映像化で原作のよさが半減


スポンサーリンク

 

デッドエンドものは超苦手分野。どんなに感動モノであっても主人公やヒロインが死ぬヤツはダメなんだよね。

ただ、この作品に関しては原作漫画を読破済みで、何と言っても最近お気に入り気味の広瀬すずちゃんがヒロインってことで見ちゃいました。そして後悔、、、 やっぱアカンでしょ(TдT)

あとそもそも原作からいろいろ端折られすぎて萎えた。

四月は君の嘘 Blu-ray 豪華版(3枚組)

四月は君の嘘 Blu-ray 豪華版(3枚組)

(ぴあ映画性活より)
“ヒューマンメトロノーム“と称された天才ピアニスト・有馬公生は母の死を境にピアノが弾けなくなった。高校2年生となった4月、公生はヴァイオリニスト・宮園かをりと出会う。彼女の自由な演奏に触れた公生は、ピアノと母との思い出に再び向き合い始める。
四月は君の嘘|映画情報のぴあ映画生活

マジ死ぬのやめてー

Mr.ChildrenのHEROって歌がよぎる。

ダメな映画を盛り上げるために簡単に命が捨てられていくってやつ。まあ別に俺は希望に満ちた光が見たいわけじゃないんだけど、やっぱ最後は出来過ぎって言われようが原作無視と批判されようが、広瀬すずちゃんは死なせちゃダメだ!

あとレイプも禁止! これな → 映画 怒り - zakky's report


山崎賢人ってもしかして演技下手?

有馬公生を演じた山崎賢人。よく名前聞く若手俳優なので期待したんだけど演技イマイチだったなぁ。

なんというかすごいぎこちなかったんだよね。有馬公生という人物自体がぎこちない存在って言われればそうなのかもしれんけどね。

あと、実は彼の演技はあまり見たことないので、もしかしたら監督の指導であえてそういう演じ方をした可能性もあるかも。


神童有馬公生の覚醒シーンが見たかった!

主人公の有馬公生はかつて譜面に正確な演奏が持ち味でヒューマンメトロノームの異名を持った天才ピアノ少年。

神童と呼ばれた彼は厳しかった母の死の直後、演奏途中でピアノの音が聴こえなくなってしまいピアノから遠ざかっていた。これはいわゆるイップス?ってやつなのかな。

そんな彼が自由奔放な美少女ヴァイオリニスト宮園かをりと出会うことで、その凍っていた心を徐々に溶していく様が本作の見どころだと思っている。

これは美少女ヴァイオリニストを愛でる作品ではなく、美少女ヴァイオリニストの死を悼む作品でもない。これはかつての天才ピアニストが覚醒して再び脚光を浴びるのを楽しむ作品だ。

なのにそこがなんか足りない。圧倒的に足りなかった。

確かに最後の演奏シーンはよかったけど、あれもなんか死んでいくかをりがメインになってしまっていた。そうじゃないんだよなぁ。


原作のよさが半減していた

原作を知ってる身としてはやはり公生の覚醒シーンが見たかった、ってのは上に書いた通り。

でもそれだけじゃないんだ。椿の先輩との恋愛とか、公生の昔のライバルとの再会とか、いろいろ原作から端折られてる。必要最低限って感じで作品の良さが半減してしまっている。

まあ原作コミックス11巻分をたった2時間の映画でやるには無理があるのかもね。

そういう意味では最近邦画でよくやる最初から前後編構成にするやつも間違いではないんだよね。

あとこれアニメ化もされてたのね。全22話、2クール構成なのでアニメは期待できるのかも。時間があれば見てみたい。



四月は君の嘘 DVD 通常版

四月は君の嘘 DVD 通常版